福井の美方ケーブル、6月より下り1Mbpsと256kbpsの2つのインターネットサービスを提供へ | RBB TODAY

福井の美方ケーブル、6月より下り1Mbpsと256kbpsの2つのインターネットサービスを提供へ

ブロードバンド その他

 北陸総合通信局は、4月11日付けで福井県の美方ケーブルネットワークに対して第一種電気通信事業許可を交付した。この交付により、美方ケーブルネットワークはCATVインターネット接続サービスを6月1日から提供開始することになる。サービスエリアは福井県三方郡美浜町・三方町。

 同社は、北陸管内で第一種電気通信事業を提供するCATV事業者として17社目、福井県内では4社目となる。

 美方ケーブルネットワークが提供を予定しているのは、下り1Mbpsの「スーパーMMプラン」と、下り256kbpsの「エコノミープラン」の2種類。利用料はそれぞれ3,000円、2,300円となる予定。基本サービスには、1個のメールアカウント、10Mバイトのホームページ容量、2台までのパソコン接続と、ほぼ標準的な内容である。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top