ICC、5月中旬に下り2MbpsでグローバルIP利用の新サービスを追加。現行サービスも下り1Mbpsにアップ | RBB TODAY

ICC、5月中旬に下り2MbpsでグローバルIP利用の新サービスを追加。現行サービスも下り1Mbpsにアップ

ブロードバンド 回線・サービス

 愛知県のアイ・シー・シー(CATV)は、5月中旬をめどに現行サービスを下り1Mbpsにアップすることと、グローバルIPアドレスを利用できる新サービスを追加するというサービス改定を予定していることが明らかになった。

 あらたに追加される新サービスでは、下り最大速度2MbpsとグローバルIPアドレスを利用できることが特徴となっている。利用料は、現行よりも1,000円高い5,500円。また、現行サービスも利用料を据え置きに、下り速度が1Mbpsとなる。いずれにしても、ユーザの選択の幅が広がるのは歓迎したい。なお、現在のユーザは下り1Mbpsのコースに自動的に移行となる。

 5月中旬以降に予定されているサービスメニューは以下のとおり。

従来サービスの変更
 速度:下り1Mbps、上り128kbps
 利用料:4,500円
 IPアドレス:プライベート(動的)
 同時接続PCの台数:8台

新規サービス
 速度:下り2Mbps、上り256kbps
 利用料:5,500円
 IPアドレス:グローバル(動的)
 同時接続PCの台数:1台。オプションで3台追加可能
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top