T-comが昨日より初期料金を半額以下に引き下げ。3,300円+工事費で導入時料金の敷居を引き下げる | RBB TODAY

T-comが昨日より初期料金を半額以下に引き下げ。3,300円+工事費で導入時料金の敷居を引き下げる

ブロードバンド 回線・サービス

 T-comは、ADSLサービスを4月1日より初期料金の引き下げを実施し、3,300円+NTTの工事費とした。

 これまでT-comのADSLサービスは、登録料が5,000円、モデムの登録・発送料が2,500円の、合計7,500円の初期料金が発生し、別途NTT工事費の料金が必要だった。同社は2月1日より3月31日までの間、オンライン入会の場合、初期費用を3,500円+NTT工事費のキャンペーンを実施しており、キャンペーン終了と共にさらに初期費用を値下げし、定常料金となる。

 新たなT-comの初期料金体系では、NTT工事費としてタイプ1の場合は2,800円、タイプ2の場合は2,000円からが発生するため、初期費用はタイプ1で6,100円、タイプ2で5,300円からとなる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top