ODN、IPv6トンネリングサービスの商用提供をスタート。法人向けサービスを対象に | RBB TODAY

ODN、IPv6トンネリングサービスの商用提供をスタート。法人向けサービスを対象に

ブロードバンド テクノロジー

 日本テレコムは、法人向けの専用線接続サービスなどを対象としたIPv6トンネリングサービス「ODN IPv6トンネリングサービス」を発表した。4月1日より提供を開始する。

 ODN IPv6トンネリングサービスは、既存のIPv4ネットワークを通じてIPv6ネットワークに接続できるサービス。対象となるのは、同社が提供するインターネット接続サービス「ファスト」「スーパー」「スーパービジネス」「ビジネスセレクト」「エコノミー」「エアリンク」「J-DSLオフィス」「オールウェイズ・プラス」で、対象地域は各サービスの提供地域。ユーザには、/48(2の80乗個)のIPv6アドレス空間も貸与される。

 ODNの各サービスごとの、IPv6トンネリングサービスの月額利用料金については以下のとおり(別途各サービスの基本料金が必要)。

・オールウェイズ・プラス(Aプラン/iプラン):2,500円
・J-DSL(オフィス/オフィス・ライト):5,000円
・エコノミー:2,500円
・エコノミーII:2,500円
・ビジネスセレクト:14,000円
・エアリンク:14,000円
・スーパービジネス:1Mb/s:20,000円、2Mb/s:40,000円
・スーパー:200,000円
・ファスト(HSD)5,000円(64kb/s)〜200,000円(6Mb/s)
・ファスト(ATM)20,000円(0.5Mb/s)〜200,000円(120Mb/s)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top