トレンドマイクロ、SharePoint Portal SeverのWebパーツとして「ウイルスアラートWebパーツ」を無償提供 | RBB TODAY

トレンドマイクロ、SharePoint Portal SeverのWebパーツとして「ウイルスアラートWebパーツ」を無償提供

エンタープライズ その他

 トレンドマイクロは、マイクロソフトのMicrosoft SharePoint Portal Sever 2001(以下、SharePoint Portal Sever)に組み込める「ウイルスアラートWebパーツ」を無料で提供開始すると発表した。

 ウイルスアラートWebパーツは、SharePoint Portal SeverのWebパーツ機能を利用して、ウィルス関連情報のコンテンツをイントラネット上のサイトに構築するもので、ウィルス警告やウィルス被害ランキングなどがリアルタイムで見ることができる。対象となるのは、SharePoint Portal Severを導入したユーザ。

 また、同社は2002年第3四半期に、SharePoint Portal Severへのウィルス対策ソフト「PortalProtect for Microsoft SharePoint Portal Server(仮称)」のリリースを予定していることを明らかにした。同製品は、IEやWindowsエクスプローラ、Office経由で書き込まれるファイルをリアルタイムで監視、SharePoint Portal Severにウィルスが侵入することを防ぐセキュリティ製品。MicrosoftのVirus Scanning APIに対応。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top