C&WIDC、ウイルスチェックサービス開始。新設のメールホスティングサービスなどを対象に | RBB TODAY

C&WIDC、ウイルスチェックサービス開始。新設のメールホスティングサービスなどを対象に

エンタープライズ その他

 C&WIDC(ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC)は3月29日より、同社のインターネット接続サービスの一部、および新設のメールホスティングサービス「Eメール」において、メールサーバ上でウイルスを検知・駆除する新サービス「ウイルスチェック」を、オプションとして有料で提供する。

 ウイルスチェックは、メールの送受信時に各メールサーバ上で添付ファイルのウイルス感染の有無をチェックし、感染している場合はこれを駆除するもの。チェック機能に加え、パターンファイルの更新サービスや感染の疑いのあるメールに対するウイルス解析サービス、さらにはトレンドマイクロによるウイルス情報提供サービスや毎日のウイルス検知ログの提供など、ウイルスの検知・除去に必要な機能がパッケージングされている。

 C&WIDCでは今回のウイルスチェックサービスを「今年1月のピーエスアイネットの買収によるサービス統合後初のサービス」としており、今後も統合のメリットを生かしたサービスの提供を行っていく予定でいる。

 「ウイルスチェック」、「Eメール」両サービスの詳細は以下のとおり。

ウイルスチェック

■サービス内容
 ウイルスチェック(送信・受信)
 ウイルス発見時の送信・受信者通知サービス
 パターンファイルの更新サービス
 ウイルス解析サービス
 ウイルス情報提供サービス
 ウイルス検知ログの提供
 ウイルス発生時のWebでの情報提供

■利用料金
・メールホスティングサービス「Eメール」対応
 初期費用:20,000円
 月額利用料:20,000円(1-20アカウント)〜
 ※100アカウント・300アカウントの定額制プランもあり

・インターネットアクセス対応
 対応コース
  128kbpsバリューパッケージ
  1.5Mスタンダード
  プロフェッショナル(1.5Mbpsまで)
  1.5Mスタンダード・メトロ
 初期費用:20,000円
 月額利用料:45,000円(64kbps、100アカウントまで)〜

Eメール

■サービス内容
 メールホスティング
 ドメイン名取得代行(1ドメイン)
 DNS運用代行(プライマリ/セカンダリ)
 Webページ経由の設定機能

■利用料金
 初期費用:20,000円(インターネットサービス併用の場合は10,000円)
 月額利用料:10,000円(1-20アカウント)〜
 ※100アカウントまで・300アカウントまでの定額制プランもあり
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top