J-DSL、8Mサービスの本格展開を開始。17日予定の第2期エリア21局がサービスインへ | RBB TODAY

J-DSL、8Mサービスの本格展開を開始。17日予定の第2期エリア21局がサービスインへ

ブロードバンド 回線・サービス

 日本テレコムは、17日、J-DSLの8Mbpsサービスを第2期提供エリアの21局でサービス開始した。昨年12月に北海道の北海道伊達局で8Mサービスを開始して以来、はじめて本格的なエリア拡張となる。

 ただし、個人向けのパーソナルサービスは北海道や大阪、首都圏など、一部のエリアで完売状態にある交換局も多い。ちなみに、今回8Mサービスが開始された交換局でも千葉県の浦安行徳局など4局が完売となっている。設備増強により、一時よりは完売局が減少しているとはいえ、供給不足であることは依然変わりない。

 あらたに8Mサービスを開始したのは以下のとおり。

■北海道
 札幌北

■宮城県
 仙台青葉通

■東京都
 葛西 江東(完売状態) 神田 東京築地(完売状態)
 丸の内 西新宿 武蔵府中 調布 三鷹

■千葉県
 千葉轟 松戸 浦安行徳(完売状態)

■神奈川県
 神奈川大塚

■埼玉県
 朝霞

■大阪府
 西吹田(完売状態) 豊中 日本橋北館

■香川県
 讃岐三条

■福岡県
 福岡中央2
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top