メルコ、「WLAR-8000ACG」をNetMeetingに対応させる最新ファームウェアを公開。同時に「BLR-TX4/BLR2-TX4」「WLAR-L11-L/WLAR-L11G-L」の新ファームウェアも公開へ | RBB TODAY

メルコ、「WLAR-8000ACG」をNetMeetingに対応させる最新ファームウェアを公開。同時に「BLR-TX4/BLR2-TX4」「WLAR-L11-L/WLAR-L11G-L」の新ファームウェアも公開へ

IT・デジタル その他

 メルコは、無線LAN対応のブロードバンドルータ「WLAR-8000ACG」をマイクロソフトのWindows NetMeeting 3.01に対応させる最新ファームウェア「Ver.1.13」と、「BLR-TX4/BLR2-TX4」「WLAR-L11-L/WLAR-L11G-L」の最新ファームウェア「Ver.1.31 beta1」を公開した。

 WLAR-8000ACG対応のVer.1.13では、マイクロソフトのWindows NetMeeting 3.01への対応とPPPoA接続時に開くことができないWebページがある問題の修正、DHCPクライアント機能でWAN接続を行った際に動作が不安定になる不具合の修正などが行われている。また、内蔵するADSLモデムについてもAnnex-A/Cのファームウェアが更新され、物理層リンクの切断軽減や接続性の向上が図られている。

 BLRシリーズとWLARシリーズ対応のVer.1.31 beta1では、WAN側IPアドレスの取得に失敗する場合があるとして、起動後20秒してからIPアドレスを取得するように変更された。また、DHCPクライアント機能の使用時に、動作不安定になることがある問題も修正されている。なお、BLRシリーズとWLARシリーズのNetMeetingへの対応は、2月6日にアップされあファームウェア「Ver.1.30」で実装済みである。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top