CTNet、ADSLサービスを中国地方全域を対象に。3県6市から5県28市に大幅拡大 | RBB TODAY

CTNet、ADSLサービスを中国地方全域を対象に。3県6市から5県28市に大幅拡大

ブロードバンド 回線・サービス

 中国通信ネットワーク(CTNet)は、ADSLサービスについて今後サービスを提供する市町村リストを公表した。ただし、具体的なサービス開始時期については触れられていない。

 公開された市町村は以下のとおり。

広島県
 大竹市、東広島市、三原市、尾道市

山口県
 岩国市、光市、下松市、徳山市、新南陽市
 小野田市、下関市、萩市、防府市

岡山県
 倉敷市、津山市

島根県
 松江市、出雲市、浜田市、益田市

鳥取県
 鳥取市、米子市、倉吉市

 これまでCTNetは、島根・鳥取両県ではADSLサービスを提供していなかった。両県が新たに提供予定エリアに加わったことで、はじめて中国地方全県をカバーすることになる。

 また、新たに追加されたエリアのうち、Yahoo! BBとサービスエリアが重なっているのは東広島市、尾道市、防府市、倉敷市、松江市、鳥取市、米子市の7市のみで、他の15市はNTT西日本とCTNet、各地域のCATV事業者がブロードバンドサービスを提供している。他地方に比べ、普及の遅れていた中国地方にも、ようやくブロードバンド化の兆しが見えてきたようだ。

 現在、CTNetは広島市を中心に、広島県、山口県、岡山県など3県6市の26交換局に対して1.5Mbpsと8Mbpsの2種類のADSLサービスを提供している。対応するISPは、@nifty、BIGLOBE、do!upの3社。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top