ハイホー・マーケティングサービス、ブロードバンドを利用した調査サービスとして参加者の表情が確認できる「ビデオチャットグルイン」を追加 | RBB TODAY

ハイホー・マーケティングサービス、ブロードバンドを利用した調査サービスとして参加者の表情が確認できる「ビデオチャットグルイン」を追加

ブロードバンド その他

 松下電器産業の100%出資子会社ハイホー・マーケティングサービスは、ブロードバンドを利用した調査サービスの新メニューとして、自宅にいる参加者の映像を見ながらグループインタビューを行える「ビデオチャットグルイン」の提供を4月1日より開始する。利用料金は20万円から。

 新メニューは、参加者の会場へのアクセスなどグループインタービューでネックになっている地理的問題を解決、さらにWebカメラの利用により参加者の反応を見ながらインタビューを進行することが可能になるというもの。司会者は、必要に応じて資料を手元のパソコンから提示することも可能だ。

 同サービスには、ジャパンメディアシステムのプライベートIP対応のビデオチャットシステム「Vchat(ブイチャット)」が採用されている。

 同社はほかにもさまざまな調査サービスを提供しており、インターネットを利用したサービスとして、動画を見ながらアンケートに回答できる「Web動画アンケートシステム」や、グループインタビューを手軽に行える「フォーラムサービス」なども提供している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top