MIS、街角無線インターネットの普及を促進する「地域コミュニティパートナープログラム」を開始 | RBB TODAY

MIS、街角無線インターネットの普及を促進する「地域コミュニティパートナープログラム」を開始

ブロードバンド その他

 モバイルインターネットサービス(以下、MIS)は、無線インターネット接続環境の整備への貢献と、街角無線インターネットの普及を目的とした「地域コミュニティパートナープログラム」を開始した。

 地域コミュニティパートナープログラムとは、MISが実証実験を行っている街角無線インターネットを地域事業者との間で普及促進するためのプログラムである。MISが認証システムやHA(ホームエージェント:移動通信端末の位置情報を管理するサーバ)、ドライバなどの情報開示や指導を行い、地域事業者が基地局やHAの設置、保全管理などを担当する。これによりMISは無線技術の提供、地域事業者はインフラの整備と、双方の役割を分担し、無線システムの提供エリア拡大を図るとしている。

 MISでは、地域事業者から寄せられる街角無線インターネットへの問い合わせや参加要望に応えるために本プログラムへの取り組みを開始したと述べており、すでに札幌市内の電気通信事業者ワイコムとの間でプログラムへの参画について基本合意に達していることを挙げている。

 街角インターネットは、地域コミュニティパートナープログラムの利用によって地方にも広く普及していく可能性が出てきた。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top