プラネックス、無線LAN対応ルータ「BLW-03」を発売 | RBB TODAY

プラネックス、無線LAN対応ルータ「BLW-03」を発売

IT・デジタル その他

 プラネックスコミュニケーションズは、11Mbps無線LAN対応ブロードバンドルータ「BLW-03」を発売した。従来モデル「BLW-01P」と比較してLAN側ポート数が増えたほか、WAN側が100BASE-TXにも対応しているのが特徴。

 BLW-03は、IEEE802.11b(最大11Mbps)準拠の無線LANアクセスポイント機能を搭載したブロードバンドルータ。セキュリティに関する機能としては、ルータ部分にNAT/IPマスカレードやMACアドレスフィルタリング、無線LAN部分は128/40ビットWEPに対応している。

 インターネット側からの通信をLAN内に転送する機能としては、ポート単位で転送先アドレスを設定できる「ローカルサーバ機能」と、特定アドレスに通信をすべて転送する「バーチャルコンピュータ機能(DMZホスト機能とも呼ばれる)」をサポートしている。

 有線LAN部分はWAN側・LAN側ともに10/100BASE-TXに対応しており、LAN側には3ポートのスイッチングハブを内蔵。有線側は全ポートがLANケーブルのストレート/クロスを自動識別するAutoMDI/MDI-Xに対応している。

 価格はオープンプライス(参考:PCIDirect価格 27,800円)。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top