スピードネット、5GHz帯を使った高速無線アクセスサービスへ | RBB TODAY

スピードネット、5GHz帯を使った高速無線アクセスサービスへ

ブロードバンド その他

 スピードネットは、無線アクセスサービスの高速化をはかるため、5GHz帯を使用したアクセスシステムの基本動作試験をおこない、成功したと発表した。今回試験に成功したのは、5GHz帯(4.9GHz〜5.0GHz)を使用する最大54Mbpsの無線アクセス。

 現在のところ、この4.9GHz〜5.0GHzの周波数帯は屋外使用が禁止されており、総務省で屋外利用について検討が進んでいる最中である。

 スピードネットでは、同周波数帯の屋外利用が開放され次第、サービスを開始する予定としている。また、現サービスのような固定設置だけでなく、モバイル利用も視野に入れたシステム構築も計画中としている。商用サービス時の最大通信速度などはまだ公表されていない。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top