NASDAとJSAT、衛星インターネット実験を実施。島嶼・山間地域での情報格差是正に期待 | RBB TODAY

NASDAとJSAT、衛星インターネット実験を実施。島嶼・山間地域での情報格差是正に期待

ブロードバンド その他

 宇宙開発事業団(NASDA)とJSATは、衛星回線を利用した高速インターネット環境構築に関する利用実験を共同で実施すると発表した。NASDAでは超高速インターネット衛星の打ち上げを予定している2005年まで本実験を継続し、衛星開発および利用開拓において、研究成果を反映させていくという。

 この実験は、ユーザが地球局を設置することによりネット接続が可能になる仕組み(衛星リソース動的割り当て技術)を開発し、実証するもので、新潟県佐渡島、長崎県福江島などで実施、沖縄県北部地域での実験も予定されている。当初は、下り回線にのみ衛星通信を用い、上り回線には携帯電話などの既設の地上網を使用した実験を行い、将来的には上下回線ともに衛星回線を用いる双方向衛星通信システムの研究も行うという。さらに、アンテナと大容量サーバ搭載の自動車を利用した、遠隔教育のための衛星インターネット実験も計画されている。

 衛星通信は、CATVやADSLなどの地上網接続にくらべ、比較的ネットワーク構築が容易なことから、ブロードバンド化が遅れている島嶼、山間地域など過疎地域での情報格差是正に期待が寄せられている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top