ディアイティ、IEEE 802.11a対応の無線LANカードとアクセスポイントを発売 | RBB TODAY

ディアイティ、IEEE 802.11a対応の無線LANカードとアクセスポイントを発売

IT・デジタル その他

 ディアイティは、IEEE 802.11aに対応した米プロキシムの無線LAN製品として、無線LANカード「Skyline 802.11aPC Card」と、アクセスポイント「Skyline 802.11a Access Point」を発売すると発表した。発売日は2月下旬。価格はオープンプライスだが、参考価格として無線LANカードが26,800円、アクセスポイントが69,800円となっている。

 アクセスポイント「Skyline 802.11a Access Pointはブリッジモードで動作し、100台までのアクセスコントロールリスト、プロトコルフィルタリング機能を搭載する。また、無線LANカード「Skyline 802.11aPC Card」はHarmony Access Point Controllerに対応したPCカードで、Windows XP/2000/Me/98SE、Mac OS(今春対応予定)をサポートする。どちらも通信速度は6〜54Mbps。

 なお、IEEE 802.11aとは、通信速度として最大54Mbps、セキュリティ機能として最大152bitのWEPをサポートする国際規格のことである。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top