ソニーと日本テレコムが、次世代無線インターネットアクセスの共同実験を開始。ゲートシティ大崎で来年2月から | RBB TODAY

ソニーと日本テレコムが、次世代無線インターネットアクセスの共同実験を開始。ゲートシティ大崎で来年2月から

ブロードバンド その他

 ソニーと日本テレコムは、本格的なブロードバンド時代に対応した次世代無線インターネットアクセス技術の確立に向けて、ホットスポットサービスをベースとした実証実験を行うと発表した。JR大崎駅(東京)に隣接したインテリジェントビル「ゲートシティ大崎」をホットスポットに、2002年2月より約1年間実施する。

 この実験では、OFDM方式(Orthogonal Frequency Division Multiplex:直交周波数分割多重方式)を採用。2.4GHz帯では初の採用となるという。同方式により、屋内外において、より広範囲でのホットスポットサービスが可能となり、通信環境の安定性向上が期待できるという。

 なお、使用するチャンネルの周波数帯域幅を切替えることにより、1チャンネル当たり最大18Mbpsで7チャンネルを、また、1チャンネル当たり最大36Mbpsでは3チャンネルを配置するなど、異なる帯域幅での通信実験も行う予定だ。バックボーン回線には、日本テレコムが所有する光ファイバ網による大容量高速回線が利用される。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top