北海道総合通信網、3Mbps/1Gbpsのイーサネットサービスを開始。また、インターネット接続サービスにイーサネット対応の2品目を追加 | RBB TODAY

北海道総合通信網、3Mbps/1Gbpsのイーサネットサービスを開始。また、インターネット接続サービスにイーサネット対応の2品目を追加

ブロードバンド 回線・サービス

 北海道総合通信網は、同社の提供するイーサネット通信網サービス「L2L(LAN to LAN)」とインターネット接続サービス「HOTCN(Hokkaido Telecommunication Computer Network)」のメニューを拡充、12月3日に総務大臣に約款および料金変更届けを出したと発表した。

 今回のメニュー拡充により、同社のイーサネット接続サービス「L2L」に、通信費用を抑えた3Mbps品目と広帯域な1Gbps品目が追加される。サービス開始日は3Mbps品目が2001年12月25日、1Gbps品目が2002年1月中旬を予定。各サービスの料金体系や提供インターフェイスなどは以下のとおり。

3Mbps品目
・回線使用料 58,000円
・回線接続装置利用料 19,000円
・提供インターフェイス 10BASE-T

1Gbps品目
・回線使用料 470,000円
・回線接続装置利用料 60,000円(1000BASE-LXの場合は不要)
・提供インターフェイス 1000BASE-LX/SX/T/TX

 また、インターネット接続サービス「HOTCN」に、イーサネット対応の3Mbps/10Mbpsの2品目を追加。2002年1月中旬よりサービスを提供開始する。各サービスの詳細は以下のとおり。

3Mbps品目
・回線使用料 340,000円
・回線接続装置利用料 19,000円
・提供インターフェイス 10BASE-T

10Mbps品目
・回線使用料 980,000円
・回線接続装置利用料 19,000円
・提供インターフェイス 10BASE-T

 いずれのサービスも提供エリアは札幌市内、旭川、函館、室蘭、苫小牧、小樽、江別、北見、釧路、帯広となっている。ただし、L2Lサービスの1Gbps品目のみ、同社の規定する単位料金区域での提供となる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top