大塚商会、法人向けウイルス駆除サービス「Otsuka Security Managementウイルス駆除119」の提供を開始 | RBB TODAY

大塚商会、法人向けウイルス駆除サービス「Otsuka Security Managementウイルス駆除119」の提供を開始

ブロードバンド その他

 大塚商会は、ウイルス駆除の法人向けサービスとして、「Otsuka Security Management(OSM)ウイルス駆除119」の提供を2002年1月7日より開始する。

 本サービスは、同社のウイルス対策技術者資格を持つエンジニアが、ウイルス被害にあった企業を直接訪問してウイルス駆除を行い、ネットワークの早期復旧を図り、被害の拡大を防ぐという緊急対策時にもっとも必要とされるサービスである。サービス自体は、同社のコンサルティングおよびセキュリティポリシーの構築・導入サービスであるOSMの一環として提供される。

 料金はミニマムチャージが50,000円。その他にも、PCの復旧(クライアント1台につき5,000円/7,000円、サーバ1台につき50,000円/70,000円、グループウェアは100,000円/150,000円)、レジストリの変更や再インストールなど、作業内容によって追加料金が発生する。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top