hi-ho、「まとめてADSLコース」のサービスを一部改定。ならびに初期登録料無料キャンペーンの延長も | RBB TODAY

hi-ho、「まとめてADSLコース」のサービスを一部改定。ならびに初期登録料無料キャンペーンの延長も

ブロードバンド 回線・サービス

 hi-hoは、12月3日よりイー・アクセスの回線を利用した「まとめてADSLコース」のサービスを一部改定する。今回の改定により、8Mbpsサービスに「モデムなしタイプ」が新設されるほか、1.5MbpsサービスではUSBタイプのモデム提供が終了し、提供モデムはルータタイプに一本化される。同時に現在行われている「まとめてADSLコース」の初期登録料無料キャンペーンが来年の1月15日まで延長となる。

 このうち8Mbpsサービスに関しては、従来hi-hoからのモデムレンタルプランのみであったが、8Mbps対応モデムの市販開始などモデムをめぐる状況の変化に対応して、モデムをユーザ自身が準備する「モデムなしタイプ」が新設される。「モデムなしタイプ」を選択した場合、初期費用はモデムレンタルプランと同額の4,800円(NTT契約料込)であるが、月額費用は月々500円のモデムレンタル費用分だけ安価となり、電話共用タイプで3,467円、専用回線タイプで5,342円(いずれもNTT回線使用料込)となる。

 また1.5Mbpsサービスについては、長らく提供されていたUSBタイプのモデム対応コースが廃止され、提供モデムがルータタイプに一本化される。これにより1.5Mbpsサービスは、「ルータタイプ」と「モデムなしタイプ」の2本立てとなる。このルータタイプのモデムであるが、12月3日以降供給分は1.5Mbpsサービスと8Mbpsサービスのデュアル対応となるため、ユーザは8Mbpsサービスに変更してもそのまま同じモデムを利用し続けることが可能だ。なおUSBタイプモデムのコースは12月2日の申込分まで受け付けられる。

 最後に「まとめてADSLコース」の初期登録料無料キャンペーンであるが、当初本年12月12日締め切りの予定が約1ヶ月延長され、来年の1月15日まで(郵送・FAXにて申込の場合は1月8日)となる。キャンペーンの利用を考えているユーザにとっては朗報であろう。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top