イッツ・コミュニケーションズ、下り最大30Mbpsの新コースを来春からスタート。現行サービスは8Mbpsで2,500円に大幅値下げ | RBB TODAY

イッツ・コミュニケーションズ、下り最大30Mbpsの新コースを来春からスタート。現行サービスは8Mbpsで2,500円に大幅値下げ

ブロードバンド その他

 イッツ・コミュニケーションズ(旧・東急ケーブルテレビジョン)は来春から、下り最大30Mbpsの新コースをスタートさせる。あわせて同社では、これまで1コースだけだったケーブルインターネットサービスを合計3コースに拡大し、ヘビーユーザからライトユーザまで幅広いニーズにこたえる。

 新設するコースは「かっとびワイド」「かっとびプラス」「かっとびジャスト」の3つ。特に「かっとびワイド」は通信速度が下り最大30Mbps、上り最大10Mbpsとヘビーユーザ向けで、来春から一部地域を皮切りにサービスをスタート、その後は順次対象地域を拡大していく。料金は未定。

 一方、11月1日からスタートさせる「かっとびプラス」は、通信速度が下り最大8Mbps、上り最大256kbpsのファミリー向けコース。月額料金は3,200円(モデムレンタル料700円を含む)で、ファミリーパックサービス(最大5つのメールアドレスおよび10Mバイトのホームページ容量)が含まれる。現行サービスのユーザは本コースへ自動的に変更となる。

 このほか12月1日から提供を開始する「かっとびジャスト」は、下り最大512kbps、上り最大128kbpsでメールアドレスを1つもてるライトユーザ向けサービス。月額料金は2,900円(モデムレンタル料700円を含む)。

 なお同社ではグローバルIPアドレスの配布サービスについても来年度中に提供する予定(料金未定)とのことだ。

 新たなサービスメニューは以下のとおり。なお、12月まではコース変更手数料が無料となる。無料期間が過ぎたあとは有料化される見通しであるが、現時点では未定となっているという。

●かっとびワイド
 速度:下り30Mbps、上り10Mbps
 利用料:未定
 サービス提供時期:2002年春

●かっとびプラス
 速度:下り8Mbps、上り256kbps
 利用料:2,500円+700円(ケーブルモデムレンタル料)
 サービス提供時期:11月1日

●かっとびジャスト
 速度:下り512kbps、上り128kbps
 利用料:2,200円
 サービス提供時期:12月1日

 同社がメニューの細分化や値下げなど、ここまで大規模なサービス改定を行ったのは、インターネットサービスの提供を開始した平成10年4月以来、はじめてのことである。特に、現行サービスの月額利用料を5,200円から3,200円(ケーブルモデムレンタル料700円込み)へと、8MbpsのADSLサービスとほぼ同等の料金体系まで引き下げたことは大いに評価すべきことである。

 これは、CATV事業者の間では利用料の値下げや最高速度の増速は相次いでいるが、実質的に8MbpsのADSLサービスに対抗できる料金体系はほとんど見当たらなかっただけに強烈といえる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top