クロスウェイブ、「広域LANサービス」にインターネット接続サービスをオプション提供。広域LAN外部接続サービスのバリエーションを拡充へ | RBB TODAY

クロスウェイブ、「広域LANサービス」にインターネット接続サービスをオプション提供。広域LAN外部接続サービスのバリエーションを拡充へ

ブロードバンド その他

 クロスウェイブコミュニケーションズは、10月から企業向けのイーサネット接続サービス「広域LANサービス」向けに、インターネット接続サービスの試験提供を開始すると発表した。試験サービスでは、接続帯域は上下対象の2Mbpsが提供される。試験サービスの提供期間は2002年3月末までの予定。

 このサービスは、広域LANのバックボーンからIIJのインターネットバックボーンに接続される構成で、接続部分は通信機器の二重化やファイアウォールによるセキュリティの確保が計られる。

 初期費用は27万円。月額費用は広域LANサービスの20万円/月に、インターネット接続サービスの32万円/月(ファイアウォール使用料含む)が加算される。付与されるIPアドレスは16個。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top