NECのWARPSTARシリーズ、ルーティング処理速度を最大1.6倍に向上するファームウェアを公開 | RBB TODAY

NECのWARPSTARシリーズ、ルーティング処理速度を最大1.6倍に向上するファームウェアを公開

IT・デジタル その他

 NECは、WARPSTARシリーズのファームウェアをVer.4.20にバージョンアップした。今回のバージョンアップでは、内蔵ルータ機能のルーティング処理速度を、最大1.6倍に向上させる改良が行われている。

 ただし、最大速度1.5Mbps(G.lite)のADSL回線など2Mbps以下の回線では速度アップは期待できず、最大速度8Mbps(G.dmt)のADSL回線などの場合でも、提供される回線速度がファームウェア更新後のルーティング処理速度を上回る場合には、回線の最大速度を得られない場合もある。また、USBポートのスループットにおいても、向上効果はほとんどないという。

 最新ファームウェアの対象機種、AtermWL50T、AtermWB50T、AtermWL30A、AtermWL20R、AtermWB20R、AtermWB45RL、AtermWB55TL、AtermWB65DSLの8機種となっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top