JENS、サービスブランド名を一新。ISPサービス「JENS SpinNet」は10月からBフレッツに対応 | RBB TODAY

JENS、サービスブランド名を一新。ISPサービス「JENS SpinNet」は10月からBフレッツに対応

ブロードバンド その他

 JENSは、10月1日より、これまでAT&Tブランドで提供していたサービス名称をJENSに統一し、あわせてBフレッツへの対応などサービス内容の強化を実施すると発表した。

 現行の「AT&T WorldNet Servie」(インターネット接続サービス)は、10月1日から「JENS SpinNet」となる。SpinはUUCPサービス時代のサービス名に由来する。JENS SpinNetへの名称変更に合わせて、Bフレッツ対応の「Bフレッツプラン」の提供が開始される。ベーシックタイプ向けが7,500円/月、ファミリータイプ向けとマンションタイプ向けが2,500円/月となっている。いずれも月額基本料の2,000円を含む金額。また、現在3,000円の加入料が、10月からは無料となる。

、「AT&T @Phone」(IP電話サービス)については、10月1日より「JENS ipPhone」となる。こちらは料金の引き下げ(17円/分→15円/分)や、フリーダイヤルのアクセスポイントを携帯電話・PHSからも利用できるようにするなどの拡張が実施される。

 なお、法人向けインターネット接続サービスでのBフレッツ対応は、年内に開始の予定とのことだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top