アスキー、グロービス、NTT-Xがeラーニングコンテンツ会社「ライトワークス」を設立 | RBB TODAY

アスキー、グロービス、NTT-Xがeラーニングコンテンツ会社「ライトワークス」を設立

ブロードバンド 回線・サービス

 アスキー、グロービス、NTT-Xの3社は、共同でeラーニングコンテンツを提供する合弁会社「ライトワークス」を設立した。9月1日より営業を開始する。

 ライトワークスは、ITトレーニングを中心に金融、経営、語学など、約100のコンテンツを提供する。ITトレーニングではMS OfficeシリーズやWindowsNT/2000関連を、経営ではMBAマネジメント入門や経営者養成コースなどを提供する予定になっている。

 IT分野のコンテンツはアスキー、経営関係のコンテンツはグロービス、eラーニング用プラットフォームの開発などシステム関係はNTT-Xというように、3社がそれぞれ得意分野を活かし、サービスを提供していくことになる。

 新会社の代表取締役社長には、アスキー取締役の松田辰夫氏が就任する。資本金は1.25億円、出資比率はアスキーが64%、グロービスが32%、NTT-Xが4%。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top