松下電器とエイベックス、コンテンツ配信サービスで協力。HDD内蔵STBへの蓄積配信なども視野に | RBB TODAY

松下電器とエイベックス、コンテンツ配信サービスで協力。HDD内蔵STBへの蓄積配信なども視野に

ブロードバンド その他

 松下電器産業とエイベックスは、コンテンツ配信サービスについての検討プロジェクトを共同でスタートし、ブロードバンド環境での配信サービスなどで協力していくと発表した。

 検討プロジェクトは、ブロードバンドコンテンツのスムーズな配信に必要なインフラ構築のほか、著作権保護や課金システムなどについて問題を解決し、エイベックスの保有するコンテンツを松下のコンテンツサービス事業に活用するのが目的。

 松下はこのプロジェクトの中で、ハードディスク内蔵のSTB(セットトップボックス)への蓄積型配信や、数万人を対象としたインターネット放送サービスも検討するとしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top