T-comが予告どおりにさらなる値下げ。3,000円を切るADSLサービスも | RBB TODAY

T-comが予告どおりにさらなる値下げ。3,000円を切るADSLサービスも

ブロードバンド 回線・サービス

 8月1日より関東地方でADSLサービスを開始したばかりのトーカイ・ブロードバンド・コミュニケーションズが、開局記念特別料金としてADSL接続サービス「T-com」の大幅な値下げを発表した。

 下り1.5Mbpsのパーソナル1500が3,390円(従来は4,393円)に、下り640kbpsのパーソナル640Kが、2,890円(従来は4,393円)に、それぞれ引き下げられた。この料金は今年12月末までに加入したユーザに対して適用される。位置づけとしては早期加入キャンペーン的だが、キャンペーン期間後も引き下げられた料金のまま利用できるため、実質的には値下げといえる。

 モデムのレンタル料(400円/月・レンタル選択時のみ)や、NTT DSL接続料金(187円/月・電話共用)を加えても、パーソナル1500が4,000円弱、パーソナル640Kでは3,500円弱。事業者間の競争は、ADSLサービスの低料金化を急速に進行させている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top