仙台CATVと富士通が仙台市商店街の活性化にインターネットを活用。仙台七夕祭りをVoD配信 | RBB TODAY

仙台CATVと富士通が仙台市商店街の活性化にインターネットを活用。仙台七夕祭りをVoD配信

エンタメ その他

 東北三大祭りの1つである「仙台七夕」が、ビデオオンデマンドで無料配信される。これは、仙台CATVが富士通東北支社の協力を得て、25日から8月20日までの期間のみ開設される特別サイト「仙台七夕 きっとeこと星に願いを!! トクトク大作戦」で実施される。

 また、七夕限定として「織り姫&彦星コンテスト」が実施される。織り姫&彦星コンテストは、各店舗の看板娘や看板息子、お得なお店情報をストリーミング配信し、それを見たユーザが気に入った店舗に投票するというものだ。コンテスト期間は8月6日〜8日。1位になった店舗を選んだ投票者には抽選で特別プレゼントを、投票者には抽選で店舗よりプレゼントが贈られる。

 ブロードバンドユーザだけでなく、「仙台七夕」ではi-モードとJ-スカイユーザを対象とした企画も用意されている。それは、実験協力参加店(13店舗)からの配信される特別セールなどの「お得情報」の配信だ。これは、登録した携帯電話のメールアドレスに1日3回配信されるというもの。情報提供は8月6日〜8日まで。

 同社らは、仙台市中心部商店街の活性化の一環として今回の実証実験を実施するとしている。仙台七夕祭りは、仙台駅前の商店街アーケードいっぱいに飾られた笹飾りで有名で、東北三大祭りの一つとされている。ただ、最近は再開発にともない人の流れが仙台駅東側エリアに流出する傾向が強まっていた。今後も、このケースのように、地元商店街とインターネットの積極的な関わりは増えていくかもしれない。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top