プラネックス、ローカルルータbRoadLanner4モデルについて新ファームウェアを公開 | RBB TODAY

プラネックス、ローカルルータbRoadLanner4モデルについて新ファームウェアを公開

ブロードバンド その他

 ネットワーク機器販売のプラネックスコミュニケーションズは、同社のローカルルータ「bRoadLanner」シリーズの4モデルについて、最新のファームウェアを公開した。

 対象モデルおよびファームウェアバージョンは以下のとおり。

  BRL-01:Ver.5.09.62p 
  BRL-01N:Ver.5.10.62p 
  BRL-04:Ver.5.11.62p 
  BLW-01P:Ver.1.1 Rel.00 

 BRL-01、BRL-01N、BRL-04については、インターネット接続設定の簡便化やPPPoE関連の修正のほか、DHCPのリクエストを受け取るタイミング(状態)によってはルータがハングアップするという不具合に対策がおこなわれている。

 また、BLW-01Pについては、有線LAN(10Mbps)リンクダウンで無線LANが通信しなくなるという不具合が解消されている。

 新しいファームウェアはいずれも、同社のウェブサイトから無償でダウンロードできる。ファームウェア更新には、Windows 95/98/Me/2000/NT4.0/NT3.51の動作するPCが必要。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top