香川県のISPが、四国情報通信ネットワークのADSL回線を利用してADSLサービスを提供。7月2日より申し込み開始 | RBB TODAY

香川県のISPが、四国情報通信ネットワークのADSL回線を利用してADSLサービスを提供。7月2日より申し込み開始

ブロードバンド 回線・サービス

 香川県の地域ISP「きらきらNET」が、四国情報通信ネットワークのADSL回線を利用して、9月1日よりADSLサービス「きらきらADSLサービス」の提供を開始する。サービス提供に先立ち、7月2日より申し込み受付が開始される。

 きらきらADSLサービスは、下り速度最大256kbps、640kbps、1.5Mbpsの3種類のサービスメニューが用意されている。モデムタイプにはルータタイプとUSBタイプの両方を、また回線タイプには電話共用タイプと専用回線タイプの両方をサポートしている。

 きらきらNETのダイアルアップ接続では香川県内のみを対象としているが、きらきらADSLサービスは四国情報通信ネットワークのサービスエリア全域を対象としている。現在、STNet ADSLサービスは、四国の各県庁所在地の4つの交換局でサービスを提供している。なお、きらきらADSLサービスが開始される9月には、四国エリアで合計27局が開局している予定になっている。

 初期費用は4,800円、モデムレンタル料も500円で統一されている。回線速度別の利用料は以下のとおり。

下り256kbps:電話共用タイプ4,400円、専用回線タイプ6,300円 
下り640kbps:電話共用タイプ4,700円、専用回線タイプ6,600円 
下り1.5Mbps:電話共用タイプ5,500円、専用回線タイプ7,400円
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top