情報通信総合研究所、ブロードバンドインターネットについての調査結果を公表。日米比較でADSLはすでに米より低料金、と | RBB TODAY

情報通信総合研究所、ブロードバンドインターネットについての調査結果を公表。日米比較でADSLはすでに米より低料金、と

ブロードバンド その他

 情報通信総合研究所は、ブロードバンドインターネット接続について、利用者の意向調査と料金の日米比較をおこない、その結果を公表した。それによると、利用者のブロードバンドへの志向がさらに強まっており、また、日米料金比較では、ADSLについて日本の方が低料金となっている。これは日本側の値下げ競争とアメリカ側事業者の値上げによるもの。

 また、ブロードバンド接続を導入したいとする利用者は、高速であることと、料金が下がってきていることをその理由にあげている。現在の料金引き下げ競争やサービス高速化は、利用者の拡大にかなり密接につながっているようだ。

 速度については、約60%の回答者が1Mbpsを超える速度をもとめており、10Mbps〜100Mbpsで使いたいというユーザも28%にのぼっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top