WECA、年末にも5GHz帯を使うIEEE802.11aの認定プログラムをスタート。最大54Mbpsの無線LANが構築可能に | RBB TODAY

WECA、年末にも5GHz帯を使うIEEE802.11aの認定プログラムをスタート。最大54Mbpsの無線LANが構築可能に

ブロードバンド その他

 WECA(Wireless Ethernet Compatibility Alliance)は、現在広く普及しているIEEE802.11bより高速な無線LANプロトコル「IEEE802.11a」を採用した機器の互換性認定プログラムを、2001年の年末をめどに開始すると発表した。ロゴおよび名称は近日中に公表される予定。WECAは、無線イーサネットの相互運用性を検証する非営利団体で、現在は11Mbpsの無線LAN IEEE802.11bについて互換性テストにもとづく「Wi-Fi」ロゴの認定プログラムを実施している。

 年末から認定の開始されるIEEE802.11aは、5GHz帯の電波を使用し、最大54Mbpsの通信が可能なプロトコル。MACレイヤはWi-Fi(IEEE802.11b)と同様でコンポーネントの共通化が可能なため、コストの増加を抑えながらWi-Fiからの大幅な速度向上がはかれるのが特徴。

 また、2.4GHz帯を使用する現行のWi-Fiについても改良が続いており、特に注目したいのは、同じ周波数帯域を使用するBluetoothとの共存である。これについては、Bluetoothの使用帯域に“すき間”を空けてもらい、Wi-Fiがそのすき間を使用するようにするなどの調整が進行中という。

 このほか、さらに強力なデータ暗号化のWEP2や、QoSの実装、通信速度の倍増(20Mbps超)などの検討が進んでいる。Wi-Fiロゴ認定テストはこうした新たな拡張の規格化に歩調をあわせて修正されており、次回の認定項目の更新は2002年2月の予定。

 2001年6月現在、WECA加入のベンダは82社、Wi-Fi認定製品は138となっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top