QTNet、10月から九州地区で企業・自治体向けに広域イーサネット網サービス「VLAN」を提供。距離に依存しない料金体系で広域LANを構築可能に | RBB TODAY

QTNet、10月から九州地区で企業・自治体向けに広域イーサネット網サービス「VLAN」を提供。距離に依存しない料金体系で広域LANを構築可能に

ブロードバンド 回線・サービス

 QTNet(九州通信ネットワーク)は、企業や自治体のLAN間接続用に適した高速イーサネット網サービスを本年10月よりスタートするため、総務省に対して認可申請を行ったと発表した。高速イーサネット網サービスは、県ごとに高速イーサネット収容網を構築し、バックボーンの高速イーサネット中継回線によって県間トラフィックをやりとりする。

 料金体系はシンプルで、通常の専用線サービスのような距離による料金体系ではなく、接続に利用する回線速度のみで料金が設定されている。

 速度は、10Mbps、100Mbpsの2種類が提供される。10Mbpsではユーザービルから収容局までの接続関係の料金が計30,000円/月、100Mbpsサービスは、収容局までの接続関係料金の合計が90,000円/月。
 県内の他地域とのネットワークを利用する場合は1中継回線ごとに200,000円/月、県間の中継回線使用料が300,000円/月となっている。県内の2拠点(別収容局)を10Mbpsで接続する場合、26万円/月となる。

 同様のサービスは、四国情報通信ネットワークや北海道総合通信網などが発表している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top