日本通信放送が料金据え置きでADSLサービスの通信速度を1.7Mbpsに増速 | RBB TODAY

日本通信放送が料金据え置きでADSLサービスの通信速度を1.7Mbpsに増速

ブロードバンド 回線・サービス

 茨城県水戸市、ひたちなか市、千葉県浦安市、市川市、船橋市、松戸市、習志野市でADSLサービスを展開する日本通信放送はサービス内容を変更し、料金据え置きのまま通信速度を1.7Mbpsに増速した。

 日本通信放送のインターネットサービス「スピードウェイ」は、これまで下り最高256kbpsと640kbpsのサービスを提供してきたが、今回の増速に伴い、通信速度は下り最高256kbpsと1.7Mbpsのサービスとなる。また、一部メニューが変更となり、固定グローバルIPサービスの料金が未定となっている。

 新たなサービス内容と月額利用料金は以下を検討している。

エコノミー:
  速度(下り/上り):256/128kbps
  IPアドレス:動的プライベートIPアドレス
  利用料:4,600円

スタンダード:
  速度(下り/上り):1.7M/512kbps
  IPアドレス:動的プライベートIPアドレス
  利用料:5,300円

スタンダードプラス:
  速度(下り/上り):1.7M/512kbps
  IPアドレス:動的グローバルIPアドレス
  利用料:5,500円

プレミアム:
  速度(下り/上り):1.7M/512kbps
  IPアドレス:動的プライベートIPアドレス
  利用料:6,200円

エンタープライズ:
  サーバが公開できるサービス。現在料金検討中
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top