NTT西日本、共同利用型の研究施設「サイバービジネスワールド」を大阪市中央区に開設。利用は当面無料 | RBB TODAY

NTT西日本、共同利用型の研究施設「サイバービジネスワールド」を大阪市中央区に開設。利用は当面無料

ブロードバンド 回線・サービス

 NTT西日本は12月1日、光アクセスサービスなど広帯域向けのアプリケーションやサービスを考えているユーザ向けに、実証試験環境を提供するための施設「サイバービジネスワールド」を開設する。

 通信環境としては、フレッツ・ISDN/ADSLに加え、ATMや光インターネット接続サービスが利用できる。また、通信インフラだけでなく、コンテンツ作成用の機材としてオフラインビデオ編集ツールなども用意されている。

 既存の「サイバーサテライトワールド梅田」「サイバーサテライトワールド日本橋」と光およびATMで接続される。利用料は当面無料とのことだが、施設の利用には申請と審査が必要である。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top