ぷらっとホームより、標準状態でCATV用ルータとして使用できる手のひらサイズのLinux内蔵マイクロサーバを発売 | RBB TODAY

ぷらっとホームより、標準状態でCATV用ルータとして使用できる手のひらサイズのLinux内蔵マイクロサーバを発売

IT・デジタル その他

 ぷらっとホームは、手のひらサイズのLinux内蔵マイクロサーバ「OpenBlockS(オープンブロックス)」を発売した。

 OpenBlockSは、2ノードのLANを接続するルータ機能とDHCPサーバ機能、簡易ファイアフォール機能(IP Filter)を標準で搭載、カーネルにはLinuxカーネル2.2.13を使用している。また、オプションのコンパクトフラッシュを装着すると、メールサーバ、DNSサーバ、Webサーバとしても利用できる。

 価格は、OpenBlockSが定価49,800円(販売価格39,800円)、コンパクトフラッシュ64Mバイトがオープンプライス(販売価格13,800円)、コンパクトフラッシュ96Mバイトがオープンプライス(販売価格24,700円)、コンパクトフラッシュ128Mバイトがオープンプライス(販売価格32,000円)。ぷらっとホームの店頭および通信販売で購入できる。
 
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top