メルコがAirStation問題を解決。表面化してわずか2日で対応ファームウェアを公開 | RBB TODAY

メルコがAirStation問題を解決。表面化してわずか2日で対応ファームウェアを公開

ブロードバンド その他

 テラヨン製ケーブルモデムとの相性問題により、IPアドレスが取得できなかったメルコのWLAR-L11の問題に対して、メルコは問題が表面化してからわずか2日で対応するファームウェアを公開した。

 メルコによると、この問題はテラヨン製モデムに限ったもので、他のケーブルモデムでは生じていないということだ。同社では、テラヨン製モデムの使用上の問題としているが、メルコ側の早急なファームウェアの対応により収束した。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top