支払いサイトとは?一般的な長さや30日、60日の基本的な考え方を徹底解説

本ページはプロモーション(広告)が含まれています。
支払いサイトとは?

支払いサイトとは、売上の締め日から支払いまでの期間です。

支払いサイトを理解していないと資金繰りが苦しくなる可能性があるため、数え方や一般的な長さを把握しておかなければなりません。

この記事では、支払いサイトの長さや短縮する方法を解説します。

記事の内容を参考にすると、資金繰りの安定化と取引先と良好な関係構築に繋がります

個人が売掛金をすぐに現金化するなら、即日ファクタリングを利用しましょう。請求書や身分証明書などが揃っていれば、最短即日で資金調達できます。

スクロールできます
ファクタリング名ビートレーディング
6b1848e4287d1fe510356b1cf90f43d5 - 支払いサイトとは?一般的な長さや30日、60日の基本的な考え方を徹底解説
ペイトナーファクタリング
c1e4ae17b0e7d41d7b64100440ea5ab7 - 支払いサイトとは?一般的な長さや30日、60日の基本的な考え方を徹底解説
QuQuMo
30d6314f8f52abf73cab795062529771 - 支払いサイトとは?一般的な長さや30日、60日の基本的な考え方を徹底解説
最短入金最短2時間最短10分最短2時間
手数料2者間:4%~12%程度

3者間:2%~9%程度
一律10%1%~
契約方式2者間、3者間2者間2者間
買取可能額無制限最大100万円(初回のみ25万円まで)金額上限なし
詳細をチェック公式サイト公式サイト公式サイト

支払いサイトが長く手元に現金がない個人事業主やフリーランスは、個人事業主向けのファクタリング業者を利用しましょう。

目次

支払いサイトとは代金の締め日から支払いまでの期間

支払いサイトは取引の締め日から支払い期日までの期間の長さのことです。

掛取引や約束手形の場合、支払い代金が決定してからいつ支払うのかをハッキリさせる必要があります。

支払日がハッキリしていないと経理の手間が増えたり、売掛金がいつまでも支払われず会社の資金繰りに悪影響を及ぼす可能性があるためです。

支払いサイトの語源とは

支払いサイトのサイトは、英語の「sight(視覚や見える範囲)」が語源と言われています。

締め日から支払い期間を「見える範囲」でという用法です。

Webサイトで使用される「site」とは異なります。

しかし、支払いサイトは日本特有の表現であり、海外では通じません。

英語で支払いサイトは「terms of payment」や手形の支払い期間を表す「Usance」が使われます。

給料ファクタリングは避けよう

給与を債権として買い取ってもらい、給与の支払い日前に現金化する給料ファクタリングは避けましょう。

手数料が高かったり違法業者が存在したりと、リスクが高いです。

支払いサイトの一般的な長さ

支払いサイトの長さはだいたい決まっており、一般的な長さは以下4つに分けられます。

  • 30日サイト|月末締め翌月末払い
  • 60日サイト|月末締め翌々月末払い
  • 下請業者の代金支払いは原則60日以下
  • 手形の支払いサイトは90日〜120日と長い

支払いサイトの長さを把握して、売掛先への提案や交渉に活かしてみてください。

30日サイト|月末締め翌月末払い

30日サイトの場合は、売上を月末で締めて翌月末払いに設定する場合が多いです。

30日サイトの売上回収のシミュレーションが以下です。

月・売上月末まで未回収の売上月末に回収できる売上
1月・80万円1月の80万円の売上なし
2月・100万円1月の80万円と2月の100万円の売上1月の80万円の売上
3月・80万円2月の100万円と3月の80万円の売上2月の100万円の売上
4月・50万円3月の80万円と4月の50万円の売上3月の80万円の売上

1ヶ月ごとに前月の売上が回収できます。

30日サイトだと売上の回収が早くでき、資金繰りに困る可能性は低いです。

ただし、支払いサイト30日でも最大2ヶ月分の売上が一時的に入ってきません。

資金繰りが厳しい場合は、ファクタリングを利用して売掛金を現金化しましょう。

土日対応のファクタリング業者あり

土日に利用できるファクタリング業者があります。

銀行融資と異なり、急に現金が必要なときでも資金を調達できるのがファクタリングの強みです。

60日サイト|月末締め翌々月末払い

60日サイトは現金で取引する際の最大限の支払い猶予です。

60日サイトの売上回収のシミュレーションは以下です。

月・売上月末まで未回収になる売上月末に回収できる売上
1月・80万円1月の80万円の売上なし
2月・100万円1月の80万円と2月の100万円の売上なし
3月・80万円1月の80万円と2月の100万円、3月の80万円の売上1月の80万円の売上
4月・50万円2月の100万円、3月の80万円、4月の50万円の売上2月の100万円の売上

60日サイトは最大3ヶ月分の売上が一時的に入ってきません。

売り手側は毎月、他の入金で資金を確保できない場合、資金繰りが苦しくなる可能性が高いです。

資金不足には十分に注意しながら経営をしなければなりません。

一方、買い手側にとって望ましい期間とされています。

支払いに充てる資金を調達しやすいため、買い手側は安定して経営ができます。

下請業者の代金支払いは原則60日以下

下請業者への代金の支払いサイトは60日以下を原則としています。

下請代金支払遅延等防止法という法律で義務付けられているためです。

下請代金支払遅延等防止法とは

下請代金支払遅延等防止法は、親事業者が下請事業者に物品の製造や修理、情報成果物などの提供を依頼した際に適用されます。

親事業者の圧力で下請業者が不利益を被らないように、下請業者を守るための法律です。

下請代金支払遅延等防止法の1項目に、代金の支払いについては商品やサービスが提供された日から60日以内に定める義務があります。

よって、親事業者は下請業者への代金の支払いは、商品やサービスを受け取った日から60日以内にしなければなりません。

60日以内というのは、月末締めではなく「商品やサービスを受けた日」から60日以内です。

手形の支払いサイトは90日〜120日と長い

手形の支払いサイトは長くなる可能性が高いです。

掛取引は現金や銀行への振り込みで支払われることが多いです。

しかし、業種や契約条件によっては手形で支払われる場合もあります。

手形での支払いの場合、手形の支払いサイトに加えて手形振り出しの期間があるため注意が必要です。

たとえば、月末締めの翌月末起算60日手形の場合、締め日から手形を振り出すまでの期間が30日と60日の手形サイトがかかります。

支払いサイトは合計で90日かかる計算です。

手形の振り出し期間が入ることで、現金の支払いよりも長い期間がかかります。

また、手形には覚えておくべき以下3つの重要な項目があります。

振出日

手形を作成して、支払先に渡した日付を指します。支払い期日よりも前の日付を記入します。

支払い期日

支払い側の当座預金口座から引き落としされる日付のことです。

額面

受取人に支払う金額のことです。

支払い期日よりも前に現金化することも可能です。

ただし、支払い期日までの日数に応じた手数料が引かれます。

即日ファクタリングで売掛金を現金化

支払いサイトが長く資金繰りが厳しいなら、即日ファクタリングを利用しましょう。

申し込みから最短即日で現金を用意できます。

支払いサイトの基本的な考え方

支払いサイトの基本的な考え方は以下の2つです。

  • 売り手側はできるだけ短くしたい
  • 買い手側はできるだけ長くしたい

支払いサイトの考え方を把握して、会社の資金繰りで苦労しないようにしましょう。

売り手側はできるだけ短くしたい

支払いサイトが短いと売上を早く現金で回収でき、運転資金に当てられます。

資金繰りに困ることなく、安定して会社を経営できます

特に、創業して間もない企業や投資を積極的にしている企業は、少ないキャッシュに苦しむ可能性が高いです。

キャッシュが少ない企業は支払いサイトをできるだけ短く設定できると、会社の資金繰りが安定します。

支払いサイトが長いデメリット

支払いサイトが長いと以下3つのデメリットをもたらします。

  • 会社の資金繰りに苦労する
  • 会社の事業成長のスピードが遅くなる
  • 新たな製品開発などに悪影響を及ぼす

支払いサイトが長いと会社に入ってくる現金が遅くなるため、資金繰りに苦労する可能性が高いです。

売掛金の回収の前に高額な支払いがある場合、金融機関やノンバンクなどからお金を借りる必要があります。

お金を借りると余計な利子を支払わなければならず、金融機関やノンバンクなどへの返済額がふくらみます。

また、現金回収ができないと、次のプロジェクトや新たな製品開発への資金が確保できません。

支払いサイトが長いほど、新たなプロジェクトや製品開発が遅れるため、会社の事業成長のスピードが遅くなる可能性が高いです。

ただし、ファクタリングなどを利用して売掛金を即日現金化することで、支払いサイトが長いデメリットを克服できます。

買い手側はできるだけ長くしたい

買い手側は支払いサイトをできるだけ長く設定するのが最適です。

支払いまでの期間が長ければ売上や利益が出る機会が生まれ、売掛金の支払いに充てる現金を用意できます。

会社の資金繰りが上手くいき、安定した事業運営になりやすいです。

買い手側は支払いサイトが短いと感じた場合、売り手側に支払いサイトを長くしてもらうように交渉しましょう。

支払いサイトが短いデメリット

支払いサイトが短いと売り手側の負担が大きくなってしまいます。

売り手側は売上が立っているのにもかかわらず、売上を回収できないためです。

会社の資金繰りが苦しくなり、経営状態が悪化する可能性があります。

支払いサイトを短くする交渉をする際は、売り手側の経営状態や交換条件を考える必要があります。

たとえば、売上が早く立つ時期と売上が立ちにくい時期に合わせて、支払いサイトの長短を調整するなどです。

お互いに利益のある提案をすることで、長期間に渡り取引先と良好な関係性を築けます。

支払いサイトを短縮する3つの方法

支払いサイトを短縮する方法は以下の3つが挙げられます。

  • 取引先と交渉する
  • 手形取引ではなく現金取引に切り替える
  • ファクタリングを利用する

3つそれぞれの方法を把握して、会社の資金繰りを安定化させましょう。

取引先と交渉する

支払いサイトを短くしたい時は、取引先との交渉を最初にしましょう。

交渉をする際は、なぜ支払いサイトを短くしたいのかの理由を考える必要があります。

買い手側は支払いサイトをできるだけ長くしたいと思っているため、納得させる正当な理由が必要です。

資金繰りが苦しく困っているなど、財務の深刻度を伝えるのが効果的です。

ただし、支払いサイトの交渉をする際は、短縮する日数の限度もわきまえましょう。

支払いサイトが90日の場合は60日に、60日の場合は30日にしてもらう交渉は受け入れてもらえる可能性があります。

一方、90日から30日にする大幅な短縮は受け入れてもらえない可能性が高いです。

取引先の経営状態や関係性を意識しながら、お互いに利益が生まれる落とし所を見つけるのに専念してみてください。

手形取引ではなく現金取引に切り替える

手形取引の場合は、現金取引に切り替えることで支払いサイトを短縮できます。

手形は振出期間が入るため、支払いサイトが60日以上の長期になりがちです。

原則、手形は支払い期日まで現金化ができません。

売掛先が支払い期日までに手形金額を支払えなければ、不渡り手形となります。

不渡り手形が6ヶ月間で2回おこなわれると、銀行取引停止処分となり売上金の回収ができません。

資金繰りの安定化と売掛金の回収リスクを減らすためにも、手形取引を現金取引に切り替えるべきです。

ただし、手形取引を現金取引に変えるには取引先と交渉する必要があります。

すべて条件を受け入れてもらえない場合は、全額を現金取引にするのではなく現金50%、手形50%にするなどの提案をしてみてください。

少しでも手形取引の金額を減らして、リスクを回避しましょう。

ファクタリングを利用する

ファクタリングを利用すると売掛金を即日で現金化できます。

ファクタリングとは

ファクタリングは、ファクタリング業者が売掛金を買い取ってくれるサービスです。

売掛金の支払い期日より前に現金化できます。

下記の記事で、個人事業主やフリーランスにおすすめのファクタリングを紹介しています。

金融機関に借入を依頼すると入金までに時間がかかります。

人件費や家賃などの支払いに間に合わない可能性が高いです。

しかし、ファクタリングは即日入金をしてもらえるため、すぐ現金が必要な場合にも対応できます。

また、取引先の資金繰りにも悪影響を与えずに、売掛金を現金化できるのもポイントです。

支払いサイト短縮の交渉が上手くいかなかった場合や交渉しにくい状況の際に、ファクタリングを利用してみてください。

支払いサイトが長いならファクタリングの利用がおすすめ

ファクタリングを利用する際は、以下の3つを押さえましょう。

  • ファクタリングのメリットとデメリット
  • 個人でも利用できるおすすめのファクタリング業者3選
  • 支払いサイトが長い売掛債権でファクタリング利用時の注意点

上記3つを押さえておくことで、ファクタリングを最大限に活用できます。

ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングのメリット・デメリットをまとめた表が以下です。

メリットデメリット
支払いサイトに関係なく売掛金を回収できる
税金の未納や赤字があっても利用できる
2者間取引なら売掛先に知られない
手数料が発生する
必ず審査に通るとは限らない
3者間取引は売掛先に知られる

ファクタリングのメリット・デメリットを把握して、ファクタリングが自分に合っているかを確認してみてください。

ファクタリングのメリット

ファクタリングを利用するメリットは以下の3つが挙げられます。

  • 支払いサイトに関係なく売掛金を回収できる
  • 税金の未納や赤字があっても利用できる
  • 2者間取引なら売掛先に知られない

ファクタリングを利用すると、支払いサイトに関係なくいつでも売掛金を回収が可能です。

支払いサイトが60日や90日でも、ファクタリングを利用すると売掛金を即日で現金化ができます。

ファクタリングは売掛先の信用度と信頼度が重要になるため、税金の未納や赤字でも利用可能。

税金の未納や赤字で金融機関から融資を断られたとしても、ファクタリングで売掛金を現金化できます。

事業の資金繰りを安定化させるのにも有効で、必要書類が少ないファクタリング業者を選べば審査がスムーズに進みます。

ファクタリングで2者間取引を選択すれば、売掛先に知られず売掛金を現金化できるのもポイント。

売掛先との良好な関係を維持しながら売掛金の現金化が可能です。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングを利用するデメリットは以下が挙げられます。

  • 手数料が発生する
  • 必ず審査に通るとは限らない
  • 3者間取引は売掛先に知られる

ファクタリングを利用して売掛金を現金化すると、手数料が発生します。

売掛金の額面より受け取れる金額は少ないです。

手数料はファクタリング業者や売掛金などによって異なり、売掛金が少額なほど高くなる傾向にあります。

ファクタリングは誰でも利用できるわけではありません。

ファクタリング業者が設けている審査を通過すると利用ができます。

審査は売掛先の支払い能力や売掛先が法人か個人かで判断される場合が多いです。

売掛先が赤字経営の場合は、審査で落とされる可能性が高いケースも。

ファクタリングの手数料が安くなるからといって3者間取引を選択すると、売掛先に知られます。

3者間取引の場合、売掛先が売掛金を直接ファクタリング会社に支払う必要があるからです。

売掛先との良好な関係を悪化させてしまう可能性があります。

個人でも利用できるおすすめのファクタリング業者3選

個人でも利用できるおすすめのファクタリング業者は以下の3社です。

スクロールできます
ファクタリング名ビートレーディング
6b1848e4287d1fe510356b1cf90f43d5 - 支払いサイトとは?一般的な長さや30日、60日の基本的な考え方を徹底解説
ペイトナーファクタリング
c1e4ae17b0e7d41d7b64100440ea5ab7 - 支払いサイトとは?一般的な長さや30日、60日の基本的な考え方を徹底解説
QuQuMo
30d6314f8f52abf73cab795062529771 - 支払いサイトとは?一般的な長さや30日、60日の基本的な考え方を徹底解説
最短入金最短2時間最短10分最短2時間
手数料2者間:4%~12%程度

3者間:2%~9%程度
一律10%1%~
契約方式2者間、3者間2者間2者間
買取可能額無制限最大100万円(初回のみ25万円まで)金額上限なし
詳細をチェック公式サイト公式サイト公式サイト

それぞれの業者の特徴を把握して、ファクタリング業者選びの参考にしてみてください。

ビートレーディング

a5d257c15ead6db9aa57a9f214dfc4e1 1 - 支払いサイトとは?一般的な長さや30日、60日の基本的な考え方を徹底解説
画像出典:ビートレーディング
ファクタリング名ビートレーディング
最短入金最短2時間
手数料2者間:4%~12%程度

3者間:2%~9%程度
契約方式2者間、3者間
対象個人、法人
買取可能額無制限(参考:3万円~7億円の買い取り実績あり)
オンライン対応
提出書類売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)

売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)
【書面による対面契約時のみ必要】
履歴事項全部証明書(1か月以内)

お客様の会社と会社の代表者様の印鑑証明書(1か月以内)

実印
運営会社株式会社ビートレーディング
詳細をチェック公式サイト

ビートレーディング5万社以上の取引実績、累計買取額1,170億円を誇るファクタリング業者です。

ビートレーディングの特徴は以下6つが挙げられます。

  • 最短2時間のスピード審査
  • 必要資料は2点のみ
  • 最大買取98%の高い買取率
  • 3万円〜7億円までの買取実績
  • 売掛先に知られない2者間取引に対応
  • 手数料は4%〜12%までの業界最低水準

ビートレーディングでファクタリングすると、最短2時間で入金されます。

すぐに資金が必要になった際に対応できる可能性が高いため、即日ファクタリングならビートレーディングが圧倒的におすすめです。

ビートレーディングの店舗所在地

ビートレーディングは、以下の主要都市に店舗を展開しています。

  • 東京
  • 仙台
  • 名古屋
  • 大阪
  • 福岡

対面で審査を受けたい事業者におすすめ。

特に中小企業の数が多い福岡のファクタリング会社を探している事業者は、ビートレーディングで資金調達しましょう。

審査に必要な書類も売掛金に関する資料と通帳のコピーのみです。

資料を集めるのに時間をかけることなく、売掛金を現金化できます。

3万円〜7億円の買取実績があるため、少額な売掛金になりやすい個人でも利用しやすいです。

売掛先に知られない2者間取引にも対応しているため、安心して売掛金を現金化できます。

\まずはWebで見積もり依頼から!/

関連記事:ビートレーディングの口コミ

ペイトナーファクタリング

paytner factoring - 支払いサイトとは?一般的な長さや30日、60日の基本的な考え方を徹底解説
画像出典:ペイトナーファクタリング
ファクタリング名ペイトナーファクタリング
最短入金最短10分
手数料10%
契約方式2者間
対象個人、法人
買取可能額初回:最大25万円

2回目以降:最大100万円
オンライン対応
提出書類請求金額・支払期日が確定していて今後、契約条件の変更の恐れがないかつ申請日当日から支払い期日まで70日以内の請求書

本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)

直近3か月の銀行口座入出金明細
運営会社ペイトナー株式会社
詳細をチェック公式サイト

ペイトナーファクタリングは、フリーランスや個人事業主に特化したファクタリング業者です。

ペイトナーファクタリングの特徴は以下6つが挙げられます。

  • 申し込みから着金まで最短10分
  • 手数料は一律10%
  • 売掛先に知られない2者間取引
  • 1万円から利用が可能
  • 掛け目がない
  • 請求書の一部を買い取ってもらえる

ペイトナーファクタリングは審査結果の通知と入金が同じタイミングになるため、最短10分の着金が実現します。

急な支払いにも対応できるスピードの早さで、比較的審査が甘いファクタリングとして人気があります。

手数料は一律10%で、高い手数料を取られることはありません。

少額のファクタリングでも手数料を10%に抑えられるのは、個人にとって嬉しいポイントです。

ペイトナーファクタリングの買取には掛け目がありません。

掛け目を気にせず売掛金を現金化できます。

掛け目とは

掛け目は売掛金の買取率です。

売掛金の買取率が80%の場合、残りの20%を保証金代わりにします。

売掛先の倒産などのリスク対策や利用会社の契約違反・不正の抑止力にもなります。

掛け目がないペイトナーファクタリングは、掛け目のある他のファクタリング業者よりも高く買い取ってもらえる可能性が高いです。

\最短10分の入金スピード!/

QuQuMo

QuQuMo - 支払いサイトとは?一般的な長さや30日、60日の基本的な考え方を徹底解説
画像出典:QuQuMo
ファクタリング名QuQuMo
最短入金最短2時間
手数料1%~
契約方式2者間
対象個人、法人
買取可能額金額上限なし
オンライン対応
提出書類請求書

通帳
運営会社株式会社アクティブサポート
詳細をチェック公式サイト

QuQuMoは、コンサルティングを主な事業としている株式会社アクティブサポートが運営しているファクタリングサービスです。

QuQuMoの特徴は以下6つが挙げられます。

  • 最速2時間のスピード入金
  • 必要な書類は2点のみ
  • 少額から高額まで買い取ってくれる
  • 手数料は1️%〜最大14.8%の業界最低水準
  • 売掛先に知られることがない2者間契約
  • クラウドサインを利用した情報漏洩対策の徹底

QuQuMoのファクタリングは、最速2時間の即日入金が可能です。

必要な書類も請求書と通帳のみのため、申し込みから入金までを簡潔に済ませられます。

少額から利用できるため、個人事業主におすすめのファクタリング業者でもあります。

請求書さえあれば個人の少額な売掛金でも買い取ってくれる可能性が高いです。

手数料も1️%〜最大14.8%までの業界最低水準で、上限を明記しているため透明性があるとわかります。

QuQuMoはクラウドサインを利用して契約を締結します。

情報が外部に漏れる心配がなく、売掛金を現金化できるのもポイントです。

\オンライン完結でスピードを追求!/

支払いサイトが長い売掛債権でファクタリング利用時の注意点

90日や120日などの支払いサイトが長い売掛債権は、手数料が高くなりがちです。

手数料が高くなる理由は以下2つが挙げられます。

  • 突破的なリスクが高くなる
  • 売掛先の経営状態が悪いと考える

支払いサイトが長いと国際情勢や災害などによって、売掛先が売掛金の支払いができなくなる可能性があります。

合理的な理由がない90日や120日の売掛債権は、ファクタリング業者が貸し倒れや不渡りを警戒します。

ファクタリング業者はリスクをできるだけ減らして取引をしたいため、手数料が高くなりやすいです。

ただし、業種や売掛債権の内容によっては、90日や120日の支払いサイトでも安い手数料で買取してくれる業者もあります。

請求書のみでファクタリングは利用できない

基本的に、請求書のみでファクタリングは利用できません。

請求書に加えて通帳のコピーや売掛先との契約書など、複数種類の書類が求められます。

支払いサイトに関してよくある質問

支払いサイトでよくある質問は以下5つが挙げられます。

  • 手形サイト120日は違法?
  • 手形サイトの数え方は?
  • 20日締めの支払サイトは何月分として振り込まれる?
  • 下請法の60日ルールで例外はある?
  • 150日の支払いサイトはありえる?

5つの質問についての解説を読んで、支払いサイトの知識を深めてみてください。

手形サイト120日は違法?

親事業者と下請業者の取引では、120日の手形サイトは違法とみなされます。

下請代金支払遅延等防止法が適用されるためです。

ただし、建設業やIT業、医療、介護などの事業は、手形サイトが120日を超える可能性があります。

検品や検収に時間がかかってしまい、売掛金の振り込みまでに時間がかかるからです。

特殊ではない業種の120日の手形サイトは問題です。

しかし、業種の特徴によっては、手形サイトが120日を超える場合もあると覚えておいてください。

手形サイトの数え方は?

手形サイトは月末締めの翌月起算30日手形でも翌月末に振り込まれません。

手形振出し期間の30日と手形サイト30日がかかるため、合計60日サイトとなります。

60日手形の場合、支払いサイトの合計は90日です。

手形サイトは手形振出しの期間が入るため、一般的な現金の支払いサイトよりも入金までに時間がかかります。

売り手側の場合はできるだけ、手形サイトを避けるように契約しましょう。

20日締めの支払サイトは何月分として振り込まれる?

基本的に20日締めの支払いサイトは、その月の分として振り込まれる場合が多いです。

たとえば、1月20日に締めた支払いは1月分の売上として、支払日に振り込まれます。

ただし、契約によっては12月21日から1月20日までの売上となるため、12月分として振り込まれる場合もあります。

20日締め分が何月分として振り込まれるかは、事前に取引先に確認しましょう。

下請法の60日ルールで例外はある?

下請法の60日ルールの例外はあります。

例外となるのは以下5つに該当する場合です。

  • 締切計算の場合
  • やり直しが生じた場合
  • システムなど開発業務委託契約で委託内容に達しているかわからない場合
  • 準委任型の業務委託の場合
  • 支払日に金融機関が休みである場合

参照:下請取引適正化推進講習会テキスト

ただし、やり直し後60日以内の支払い義務や金融機関の休業の場合は、2日以下に限り順延できるなどのルールが決まっています。

150日の支払いサイトはありえる?

手形サイトの場合、手形の振出し期間を含めて150日の支払いサイトが発生する可能性はあります。

150日の支払いサイトが多い業種

中小企業庁は、産業機械や半導体製造装置産業、航空宇宙産業、紙加工業などは150日の支払いサイトが多いとの調査結果を発表しています。

ただし、行政は会社の資金繰りの改善を図り、支払いサイトの短縮に努めている最中です。

経済産業省は2026年までに約束手形の利用を廃止する方針を発表しています。

掛け取引は支払いサイトを理解しよう

掛け取引をする際は支払いサイトを理解しないと、会社の資金繰りに苦労する可能性が高いです。

特に、支払いサイトを長く設定してくる取引先との取引には注意が必要です。

支払いサイトを理解しておくことで、取引先と自社が損をしない提案ができます。

取引先が支払いサイトの短縮に応じてくれない場合は、ファクタリングの利用を検討しましょう。

ファクタリングを利用することで、売掛金を即日で現金化できます。

会社の資金繰りを安定化させるためにも、この記事を参考にして支払いサイトの知識をつけてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ドミニオンの代表取締役として、2016年4月18日に会社を設立。WEBメディアの企画・立案・運営の経験から、WordPressやレンタルサーバー、さらには副業含むフリーランス育成に関することも行っています。

目次