個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説

本ページはプロモーション(広告)が含まれています。
個人事業主におすすめのファクタリング

個人事業主がファクタリングを利用すれば、即日で現金を用意したり、保証人や担保がなくても資金を調達できたりします。

しかし悪質なファクタリング業者を利用すると、法外な手数料を取られたりキャッシュフローが悪化して資金繰りが厳しくなったりする可能性も

この記事では、個人事業主におすすめのファクタリング業者を厳選して11社紹介します。

記事の内容を参考にすれば、手数料が安く、最短即日で入金されるファクタリング業者がわかります

急ぎで資金調達するなら即日ファクタリングを利用しましょう。すぐに現金を用意できるため、急な支払いに遅れません。

スクロールできます
ファクタリング名QuQuMo
30d6314f8f52abf73cab795062529771 - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
ビートレーディング
6b1848e4287d1fe510356b1cf90f43d5 - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
PAYTODAY
b5302681ee610da01b2c76ad80635ff5 - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
最短入金最短2時間最短2時間最短30分
手数料1%~2者間:4%~12%程度

3者間:2%~9%程度
1%~9.5%
契約方式2者間2者間、3者間2者間
買取可能額無制限無制限(参考:3万円~7億円の買い取り実績あり)10万円~上限なし
詳細をチェック公式サイト公式サイト公式サイト
目次

個人事業主におすすめのファクタリング11選

個人事業主におすすめのファクタリング業者は以下のとおりです。

スクロールできます
ファクタリング名QuQuMo
30d6314f8f52abf73cab795062529771 - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
ビートレーディング
6b1848e4287d1fe510356b1cf90f43d5 - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
PAYTODAY
b5302681ee610da01b2c76ad80635ff5 - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
日本中小企業金融サポート機構
a408768ebf1f858328dbc4352d8d7eae - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
ペイトナーファクタリング
c1e4ae17b0e7d41d7b64100440ea5ab7 - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
アクセルファクター
8d99bc521fab1bf1ed5253917f00361e - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
えんナビ
e5cd98f0c0bc772a736ed2239c8a4718 - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
ラボル
535121eb8fe59067ac702c52736e7d1b - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
トップ・マネジメント
45597be6ce8fb81fee78d296aa0452aa - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
FREENANCE
32b93e89fcd302c79e4ae5d1137cce17 - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
OLTA
a8c0b96e8dba0218a5b7b0f69215dc74 - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
最短入金最短2時間最短2時間最短30分最短3時間最短10分最短1時間最短翌日最短60分最短即日最短即日最短即日
手数料1%~2者間:4%~12%程度

3者間:2%~9%程度
1%~9.5%1.5%~10%一律10%2%~非公開一律10%2者間:3.5%~12.5%
3者間:0.5%~3.5%程度
3%~10%2%~9%
契約方式2者間2者間、3者間2者間2者間、3者間2者間2者間、3者間2者間、3者間2者間2者間、3者間2者間2者間
買取可能額無制限無制限10万円~上限なし無制限最大100万円(初回のみ25万円まで)30万円~50万円~5,000万円1万円~売掛先1社に対しての上限は1億円まで

買い取り上限総額は3億円まで
非公開無制限
詳細をチェック公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

すべてのファクタリングサービスは、個人事業主でも使用可能です。

手数料や契約方式、買取可能額などファクタリングサービスによって異なります。

各項目を比較してあなたに合ったファクタリングサービスを見つけましょう。

QuQuMo|手続きがオンライン完結でスピード審査

QuQuMo - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
画像出典:QuQuMo
ファクタリング名QuQuMo
最短入金最短2時間
手数料1%~
契約方式2者間
対象個人、法人
買取可能額金額上限なし
オンライン対応
提出書類請求書

通帳
運営会社株式会社アクティブサポート
詳細をチェック公式サイト
QuQuMoがおすすめな人
  • 来店や書類送付がめんどうなのでオンライン完結したい人
  • とにかく最安の手数料でファクタリングサービスを利用したい人
  • 提出書類が少ないファクタリング業者を探している人

QuQuMoは、手続きがオンライン完結でスピード審査が魅力のファクタリングサービスです。

QuQuMoの特徴
  • 手続きがオンライン完結で早い
  • 提出書類は2つでOK
  • 最低手数料が他社のファクタリングサービスに比べて安い

QuQuMoのファクタリングは完全オンラインサービスで、対面での面談や書類送付は不要です。

手続きをオンラインで完結させることにより、最短2時間での入金を実現しています。

提出書類は以下の2つでOK。

  • 請求書
  • 通帳

オンラインファクタリングの場合、書類のアップロードに時間がかかりますが、QuQuMoは請求書と通帳の2つがあれば審査を受けられます。

最低手数料が1%からと、他社のファクタリングサービスに比べて安いです。

\オンライン完結でスピードを追求!/

ビートレーディング|ファクタリングのパイオニアで実績が豊富

betrading - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
画像出典:ビートレーディング
ファクタリング名ビートレーディング
最短入金最短2時間
手数料2者間:4%~12%程度

3者間:2%~9%程度
契約方式2者間、3者間
対象個人、法人
買取可能額無制限(参考:3万円~7億円の買い取り実績あり)
オンライン対応
提出書類売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)

売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)
【書面による対面契約時のみ必要】
履歴事項全部証明書(1か月以内)

お客様の会社と会社の代表者様の印鑑証明書(1か月以内)

実印
運営会社株式会社ビートレーディング
詳細をチェック公式サイト
ビートレーディングがおすすめな人
  • オンライン契約では心配、オンライン契約が難しい人
  • 小さな金額を買取してほしい人
  • 他のファクタリング会社で審査落ちした人

ビートレーディングは、ファクタリングのパイオニアで2012年の創業以来5万2,000件以上(2023年9月時点)の取引数を誇っています。

累計1,170億円以上の買取実績(2023年9月時点)もあり、運営年数と実績が圧倒的に豊富です。

ビートレーディングの特徴
  • 2者間の手数料が業界最低水準
  • 買取可能額が無制限
  • 審査通過率が98%と高い

ビートレーディングの2者間の手数料は4%~12%程度と、業界相場の8%~18%より低く設定されています。

ビートレーディングでは3万円の少額から7億円の高額ファクタリングの実績があるため、法人や個人問わずおすすめできます。

ビートレーディングのファクタリング審査通過率は98%で、個人事業主でも審査落ちの心配は最小限に抑えられます。

最短2時間での入金に対応しているため、即日ファクタリングで現金を用意したい個人事業主にもぴったりなファクタリング業者です。

ビートレーディングの店舗所在地

ビートレーディングは、対面で審査を受けたい個人に向けて以下の主要都市に店舗を用意しています。

  • 東京
  • 仙台
  • 名古屋
  • 大阪
  • 福岡

中小企業の数が多い福岡のファクタリング会社を探している事業者におすすめです。

対面審査ならオンライン審査より融通が利く場合もあるため、審査に不安な個人でもファクタリングを利用しやすいです。

手数料が低く審査に通過しやすいファクタリング業者を探しているなら、ビートレーディングを利用しましょう。

\まずはWebで見積もり依頼から!/

関連記事:ビートレーディングの口コミ

PAYTODAY|手数料1%から上限9.5%の明瞭さが魅力

paytoday - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
画像出典:PAYTODAY
ファクタリング名PAYTODAY
最短入金最短30分
手数料1%~9.5%
契約方式2者間
対象個人、法人
買取可能額10万円~上限なし
オンライン対応
提出書類直近の確定申告書B一式(勘定科目内訳明細書 含)
全ての事業用個人名義口座の直近6か月分以上の入出金明細(通帳コピーorインターネットバンキングの明細etc.)

買取を希望する請求書

申込人の本人確認書類(免許証、パスポートなど顔写真付きのもの)
運営会社Dual Life Partners株式会社
詳細をチェック公式サイト
PAYTODAYがおすすめな人
  • とにかく早く売掛金を回収したい人
  • 手数料を上乗せされないか心配な人
  • あらかじめ手数料が決まっているファクタリングサービスを使いたい人

PAYTODAYは、手数料1%から上限9.5%の明瞭さが魅力のファクタリングサービスです。

PAYTODAYの特徴
  • 手数料が安くて明瞭
  • 2者間契約で取引先にファクタリングの利用がバレない
  • オンラインで最短30分で売掛金を回収可能

PAYTODAYは手数料が安くて明瞭です。

他社のファクタリングサービスでは、手数料を記載していなかったり目安で記載されていたりと、思ったより手数料がかかって後悔する場合も。

PAYTODAYは手数料が明記されており、上限の9.5%を超えることはありません

2者間契約のみに対応しており、取引先にファクタリングの利用がバレないこともメリット。

オンライン契約により最短30分で売掛金を回収できる場合もあります。

PAYTODAYは以下の取り組みによって、審査から振込までの時間を大幅に短縮しています。

  • オンラインでの書類提出
  • AIでの審査

簡単な手続きでファクタリングを利用するなら、PAYTODAYが圧倒的におすすめです。

\オンライン完結で最短即日振込に対応!/

日本中小企業金融サポート機構|最短30分で審査が完了

chushokigyo support - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
画像出典:日本中小企業金融サポート機構
ファクタリング名日本中小企業金融サポート機構
最短入金最短3時間
手数料1.5%~10%
契約方式2者間、3者間
対象個人、法人
買取可能額無制限
オンライン対応
提出書類通帳のコピー(表紙付き、3か月分)

売掛金に関する資料(請求書・契約書など)
運営会社一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
詳細をチェック公式サイト
日本中小企業金融サポート機構がおすすめな人
  • 安い手数料でファクタリングサービスを利用したい人
  • 即日で現金を準備したい人
  • オンラインで手続きを完結したい人

日本中小企業金融サポート機構は、最短30分で審査が完了するファクタリングを提供している一般社団法人(非営利法人)です。

日本中小企業金融サポート機構の特徴
  • 一般社団法人(非営利法人)のため手数料が安い
  • 買取可能額が無制限
  • オンラインで完結できる

日本中小企業金融サポート機構は一般社団法人のため手数料が安いです。

一般社団法人とは

一般社団法人とは、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律を根拠に設立される非営利法人。

営利法人(株式会社)との違いは、会社の儲け(余剰利益)を株主に配分しないことです。

株式会社と違い、株主に利益を分配する必要がないため、最低1.5%の安い手数料でファクタリングサービスを提供してくれます。

日本中小企業金融サポート機構は、買取可能額の下限と上限いずれも設定していないため、小さい規模の個人事業主のファクタリングでも相談できます。

オンラインで完結できるため手続きがシンプルで、即日で入金される場合が多いです。

急いで現金を用意するために即日ファクタリングを利用するなら、日本中小企業金融サポート機構に申し込みましょう。

オンライン契約により送付や訪問の手間が省けるため、審査最短30分、入金完了まで最短3時間を実現できます。

\即日で資金調達するなら!/

関連記事:日本中小企業金融サポート機構の口コミ

ペイトナーファクタリング|最短10分で入金の圧倒的スピード

paytner factoring - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
画像出典:ペイトナーファクタリング
ファクタリング名ペイトナーファクタリング
最短入金最短10分
手数料一律10%
契約方式2者間
対象個人、法人
買取可能額初回:最大25万円

2回目以降:最大100万円
オンライン対応
提出書類請求金額・支払期日が確定していて今後、契約条件の変更の恐れがないかつ申請日当日から支払い期日まで70日以内の請求書

本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)

直近3か月の銀行口座入出金明細
運営会社ペイトナー株式会社
詳細をチェック公式サイト
ペイトナーファクタリングがおすすめな人
  • 当日や翌日など緊急で資金が必要な人
  • 最安より固定でわかりやすい手数料がいい人
  • 小額から利用したい人

ペイトナーファクタリングは、最短10分で入金の圧倒的スピードを誇るファクタリングサービスです。

ペイトナーファクタリングの特徴
  • AI活用により審査から振込まで最短10分~即日で完了
  • メールや電話でのやり取り不要&オンラインで完結
  • 手数料が固定でわかりやすい

ペイトナーファクタリングは、AI活用により審査から振込まで最短10分~即日で完了します。

審査を迅速に行えるため、最短10分の高速入金が実現できます。

ペイトナーファクタリングでは、遅くとも当日中には売掛金が入金されるため、緊急で資金が必要な人におすすめです。

ペイトナーファクタリングはメールや電話でのやり取り不要&オンラインで完結

独自のアプリがあるため、メールでの書類提出や電話での確認がありません。

申請も独自アプリに個人情報や事業情報、必要書類をアップロードするだけなので、だれでも簡単にできます。

必要書類が少ない

ペイトナーファクタリングは、ファクタリング審査に必要な書類が少なめなので、個人事業主やフリーランスにおすすめです。

ファクタリング業界では珍しく、手数料を固定しています。

他社のファクタリングサービスでは、信用情報や事業規模などによって手数料が変動しますが、ペイトナーファクタリングは一律10%です。

審査が簡単で即日入金を希望する個人事業主は、ペイトナーファクタリングを利用しましょう。

\最短10分の入金スピード!/

アクセルファクター|審査通過率が高い

accelfacter - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
画像出典:アクセルファクター
ファクタリング名アクセルファクター
最短入金最短即日
手数料~100万円:10%~

101~500万円:5%~

501~1,000万円:2%~

1,001万円~:相談次第
契約方式2者間、3者間
対象個人、法人
買取可能額30万円~
オンライン対応
提出書類売掛金が確認できる書類(請求書等)

入金が確認できる預金通帳

直近の確定申告書(所得税又は法人税)

代表者様の身分証明書

【必要に応じて】
納税証明書(又は納付書や領収書)

印鑑証明書

取引先様との契約書
運営会社株式会社アクセルファクター
詳細をチェック公式サイト
アクセルファクターがおすすめな人
  • 審査に落ちたくないまたは他社のファクタリングサービスで審査に落ちた人
  • ファクタリングだけでなく、経営コンサルや事業計画達成に向けたサポートも受けたい人
  • 売掛金回収までに1か月以上の余裕があり、手数料をおさえたい人

アクセルファクターは、審査通過率が高いファクタリングサービスです。

アクセルファクターの特徴
  • 審査通過率93%と高い
  • 買取額によって手数料が変動する
  • 経営革新等支援機関の認定を取得している
  • 早期申込割引がある

アクセルファクターでは、中小企業や個人事業主の味方になることを第一に考え、以下のように柔軟に審査することで審査通過率がアップしています。

柔軟な審査の例
  • ネット銀行利用者向けに、通帳の原本を求めるのではなく反復継続して取引が行われているかを確認する
  • 「税金滞納=NG」の審査はせず、利用者の業績・実績・状況などを総合的に判断して柔軟に審査する
  • 書類が足りないと一蹴せず、どうすれば解決できるかの観点で考える

アクセルファクターは、買取額によって手数料が変動する制度を取り入れています。

買取金額が安いほど手数料が高く、買取金額が高いほど手数料が安いです。

買取額によって手数料が変動することを開示しているファクタリングサービスは少なく、アクセルファクターが明瞭に取り組んでいることがわかります。

アクセルファクターは中小企業経営力強化支援法に基づく経営革新等支援機関(認定支援機関ID:107913012312・認定号:第79号)として、関東財務局長及び関東経済産業局長から認定を取得しています。

経営革新等支援機関とは

経営革新等支援機関とは、中小企業等経営強化法(旧中小企業経営力強化支援法)に基づいて創立された制度です。

税務や金融・企業財務に関する専門的な知識や支援関連の実務経験が、一定レベル以上と認められた個人や法人のみが経営革新等支援機関となれます。

ファクタリングを利用した資金繰り支援だけでなく、多角的視点からの経営コンサルティングや事業計画達成に向けたサポートも同時に行えます。

業界では珍しく、早期申込割引があることも特徴です。

  • 入金希望日が30日以上先の申し込み:手数料1%割引
  • 入金希望日が60日以上先申し込み:手数料2%割引

「売掛金の入金が3か月先ですぐには必要ないけど、2か月後には資金が必要」な人におすすめです。

\審査通過率93%の高水準!/

関連記事:アクセルファクターの評判

えんナビ|土日祝日も査定に対応

ennavi - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
画像出典:えんナビ
ファクタリング名えんナビ
最短入金最短翌日
手数料非公開
契約方式2者間、3者間
対象個人、法人
買取可能額50万円~5,000万円
オンライン対応
提出書類非公開
運営会社株式会社インターテック
詳細をチェック公式サイト
えんナビがおすすめな人
  • 土日祝日にファクタリングを利用したい人
  • サービス品質が高いファクタリングサービスを求めている人

えんナビは、土日祝日も査定に対応しているファクタリングサービスです。

えんナビの特徴
  • 土日祝日も24時間査定に対応している
  • お客様満足度が93%以上でリピート率が高い

えんナビの最大の特徴は、土日祝日も24時間査定に対応していることです。

他のファクタリングサービスでは、基本的に土日祝日は休みのため、ファクタリングを利用することはできません。

えんナビは24時間365日査定に対応しているため、土日祝日に緊急でお金が必要になったときでも対応できます。

えんナビはお客様満足度が93%以上でリピート率が高いことも特徴です。

お客様満足度やリピート率が高いことは、サービスの品質が高いことの証明

これからえんナビを使うユーザーも安心して利用できます。

\土日祝日も対応しているファクタリング!/

関連記事:えんナビの口コミや評判

ラボル|少額のファクタリングにおすすめ

labol - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
画像出典:ラボル
ファクタリング名ラボル
最短入金最短60分
手数料10%
契約方式2者間
対象個人、法人
買取可能額1万円~必要な金額
オンライン対応
提出書類本人確認書類(免許証など)
請求書
通帳のコピー
取引先担当者が請求内容を了承していることが分かるメール・Slackメッセージ

LINEやChatworkなど、取引先担当者との連絡履歴

取引先からの過去の入金履歴

押印済みの発注書や契約書

その他取引を証明するエビデンス
運営会社株式会社ラボル
詳細をチェック公式サイト
ラボルがおすすめな人
  • 1万円からの少額なファクタリングをしたい人
  • 銀行が閉まっている時間(平日夜や土日祝日)でも即現金化したい人
  • 東証プライム企業で大手の安心感があるファクタリングサービスを利用したい人

ラボルは少額のファクタリングにおすすめです。

1万円から対応しているため、個人事業主やフリーランスの売掛金でも現金化できます。

ラボルの特徴
  • 1万円から対応しているため少額のファクタリングにおすすめ
  • 最短60分での審査・24時間365日の振込対応だから即現金化できる
  • 東証プライム上場企業の100%子会社が運営しているから信頼度が高い

他社のファクタリングサービスでは、最低買取金額が30万円以上と高額に設定されているため、個人事業主の小さい事業規模で利用するのは難しい場合も。

一方でラボルは1万円と少額から対応しているため、事業規模が小さくてもファクタリングを利用できます。

最短60分での審査・24時間365日の振込対応で即現金化が可能です。

審査が最短60分以内のファクタリングサービスは他にもあります。

しかし、審査は終わったものの銀行が閉まって振込できず、入金までたどり着けないケースも。

即日で現金を用意したいフリーランス向けのファクタリング業者でもあります。

東証プライム上場企業の100%子会社が運営しています。

信頼度が高く、初めてのファクタリングでも利用しやすいです。

\個人事業主やフリーランスにおすすめ!/

関連記事:ラボルの口コミや評判

トップ・マネジメント|2者間と3者間の両方に対応

top management - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
画像出典:トップ・マネジメント
ファクタリング名トップ・マネジメント
最短入金最短即日
手数料2者間:3.5%~12.5%

3者間:0.5%~3.5%程度
契約方式2者間、3者間
対象個人、法人
買取可能額売掛先1社に対しての上限は1億円まで

買い取り上限総額は3億円まで
オンライン対応
提出書類事業主様の本人確認書類

売却希望(売掛金)の請求書

昨年度の決算書

直近7ヶ月の入出金明細
運営会社株式会社トップ・マネジメント
詳細をチェック公式サイト
トップ・マネジメントがおすすめな人
  • 2者間や3者間など複数のファクタリングを使い分けたい人
  • 広告・IT関係の仕事をしている人
  • とにかく最安の手数料でファクタリングサービスを利用したい人

トップ・マネジメントは2者間と3者間の両方に対応しているファクタリングサービスです。

トップ・マネジメントの特徴
  • 多くの種類のファクタリングに対応している
  • 3者間ファクタリングの最低手数料が安い

トップ・マネジメントは、多くの種類のファクタリングに対応しています。

  • 2者間ファクタリング
  • 3者間ファクタリング
  • 見積書・受注書・発注書ファクタリング
  • ペイブリッジ
  • 電ふぁく
  • ゼロファク

一般的な2者間・3者間のファクタリングだけでなく、広告・IT分野に特化したファクタリング(ペイブリッジ)やバーチャル口座を利用した2.5社間ファクタリング(電ふぁく)など幅広い商品を用意しています。

多くの商品から、自分に合ったものを見つけて、効率的にファクタリングできます。

トップ・マネジメントの3者間ファクタリングの最低手数料は0.5%と業界最低水準です。

手数料は安ければ安いほど、手元に残る資金が多くなります。

\広告・IT関連の事業者におすすめ!/

FREENANCE|フリーランスのファクタリングにおすすめ

FREENANCE - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
画像出典:FREENANCE
ファクタリング名FREENANCE
最短入金最短即日
手数料3%~10%
契約方式2者間
対象個人、法人
買取可能額非公開
オンライン対応
提出書類公的身分証(運転免許証・マイナンバーカード)
請求書など取引内容がわかる書類
運営会社GMOクリエイターズネットワーク株式会社
詳細をチェック公式サイト
FREENANCEがおすすめな人
  • あらゆる業種のフリーランス
  • 上場企業グループの安心安全なファクタリングサービス使いたい人

FREENANCEはフリーランスのファクタリングにおすすめです。

FREENANCEの特徴
  • フリーランス向けのファクタリングサービス
  • オンラインで完結し最短即日振込
  • 大手GMOグループの安心感がある

FREENANCEは、フリーランス向けのファクタリングサービスです。

名前の通り、フリーランスに向けたファクタリングサービスですので、少額の請求書でも買い取りできます。

ファクタリング手続きは、オンラインで完結し最短即日振込振です。

IT系に強いGMOグループの会社が運営しているため、申し込みサイトも使いやすくすべてオンラインで完結します。

手続きがスムーズに進めば、最短即日での入金も可能なので、すぐに資金が必要なフリーランスにおすすめです。

FREENANCEは東証プライム上場のGMOインターネットグループのメンバーであるGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営しているため、大手の安心感があります。

サイトが使いやすいのはもちろんのこと、セキュリティ面やサポート面も充実しています。

\累計利用人数など7部門でNo.1を獲得!/

OLTA|最短即日での振込に対応

OLTA - 個人事業主におすすめのファクタリング業者11選を徹底比較!利用時の注意点も解説
画像出典:OLTA
ファクタリング名OLTA
最短入金最短即日
手数料2%~9%
契約方式2者間
対象個人、法人
買取可能額上限、下限なし
オンライン対応
提出書類昨年度の決算書一式
貸借対照表 / 損益計算書 / 勘定科目明細身分証明書

入出金明細
保有する全金融機関口座の入出金明細直近4カ月分

売却予定の請求書
請求金額・入金日が確定しているものに限る

代表者様の本人確認書類
運転免許証やパスポートなど
運営会社OLTA株式会社
詳細をチェック公式サイト
OLTAがおすすめな人
  • 手続きをオンラインで完結させたい人
  • 取引金額の小さいビジネスを行っている個人事業主

OLTAは最短即日での振込に対応しているファクタリングサービスです。

OLTAの特徴
  • オンラインで完結し最短即日振込
  • 中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリングNo.1を取得している
  • 買取可能額に制限がない

OLTAは、オンラインで完結し最短即日振込に対応しています。

オンラインに特化しており、全国どこからでも即日現金化が可能なため、地方の個人事業主でも利用しやすいです。

OLTAは、中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリングNo.1※を取得しています。

※日本マーケティングリサーチ機構調べ(調査概要 : 2021年6月期_ブランドのイメージ調査)

中小企業や個人事業主から満足してもらえていることから、質の高いサービスで規模が小さいファクタリングに向いています

OLTAには、買取可能額に制限がありません。

他社のファクタリングサービスと異なり下限が設定されていないため、取引金額が小さい個人事業主でも気軽に申し込めます。

\個人事業主に選ばれているファクタリング業者!/

個人事業主がファクタリングを選ぶときのポイント

個人事業主がファクタリングを選ぶときのポイントは以下のとおりです。

  • 手数料が高すぎないか
  • 最短の入金はいつか
  • 契約方式
  • 買取可能額はいくらか
  • 簡単に手続きできるか

ファクタリングを選ぶときのポイントをおさえておかないと、資金がなかなか入金されない、思ったより手数料が高かったなど後悔することに。

ファクタリングで後悔しないためにも、本章で紹介する個人事業主がファクタリングを選ぶときのポイントをおさえておきましょう。

手数料が高すぎないか

個人事業主がファクタリングを選ぶときのポイントは、手数料が高すぎないかです。

手数料は、ファクタリングにおいて、最初に確認すべき最重要項目です。

手数料が高すぎると、せっかく売掛金を回収できたのにキャッシュフローが改善しないデメリットが発生します。

手数料が高すぎてキャッシュフローが改善しない例

支払いに30万円必要なため、30万円のファクタリングを契約しました。

契約途中で手数料が30%であることが発覚したものの、支払期日が迫っていたためそのままファクタリングを契約しました。

結果的に30万円×70%=21万円しか現金を用意できない事態に。

支払いに足りない9万円は、知人から借りるハメになりました。

知人にお金を返さなければならないため、次の入金まで借金をすることになります。

キャッシュフローを悪化させないため、ファクタリングの手数料の相場を知っておくことです。

ファクタリングの手数料は、8%~18%が相場です。

ファクタリングを契約する前に以下の点について確認しましょう。

  • 手数料は相場より高くないか
  • 契約前に手数料を確認したか
  • 手数料を考慮して資金調達計画を立てているか 

最短の入金はいつか

個人事業主がファクタリングを選ぶときは、最短の入金はいつかチェックしましょう。

最短の入金を確認しておかないと、ファクタリングの契約をしたのに入金されないせいで資金繰りが苦しくなるケースもあります

取引先によって支払いサイトが異なり、入金までの期間が長いほどキャッシュが手元にない状態が続きます。

ただし、入金スピードは速ければいいとは限りません。

入金スピードが速いと手数料が高い傾向にあり、結果として受け取る現金が減ります。

最短の入金と一緒に各種手数料の確認を怠らないようにしましょう。

「最短即日」の注意点

最短即日と書いてあっても、実際には入金まで数日かかることもあります。

実際の入金日はファクタリングの担当者に問い合わせましょう。

契約方式

個人事業主がファクタリングを選ぶときのポイントは、契約方式です。

ファクタリングの契約方式は、主に以下の2種類です。

  • 2者間ファクタリング
  • 3者間ファクタリング
2者間ファクタリングとは

2者間ファクタリングとは、ファクタリング利用者とファクタリング会社の2者で契約を結ぶ契約方式です。

利用者は売掛債権をファクタリング会社に売却し、現金を受け取ります。

その後、売掛先(取引先)から売掛金を回収したら、利用者がファクタリング会社に売掛金額を支払う流れです。

2者間ファクタリングでは2者のみで取引を行うため、売掛先(取引先)に知られることなく、スピーディな資金調達を実現できます。

売掛先(取引先)へ売掛金の存在を確認しないため、ファクタリング会社のリスクが上がり、手数料が高くなるデメリットが発生します。

3者間ファクタリングとは

3者間ファクタリングとは、ファクタリング利用者とファクタリング会社、売掛先(取引先)の3者で契約を結ぶ契約方式です。

2者間ファクタリングとは違い、売掛先(取引先)にファクタリングを利用することを通知し、契約します。

3者間ファクタリングの流れは以下のとおりです。

  1. ファクタリング会社とファクタリング利用者、売掛先(取引先)が契約を結ぶ
  2. ファクタリング会社はファクタリング利用者に現金を振り込む
  3. 売掛金は直接、売掛先(取引先)からファクタリング会社へと振り込む

3者間ファクタリングの最大のメリットは、リスクが低い分、手数料をおさえられることです。

一方、3者との契約に時間がかかるため、入金までの時間が長くなるデメリットが発生します。

それぞれの契約方式の大きな違いは、以下のとおりです。

  • 売掛先(取引先)にファクタリングを知られるか
  • 審査の厳しさ
  • 手数料

2者間ファクタリングは売掛先(取引先)にファクタリングすることを知られない代わりに、手数料が高く、審査が厳しいです。

3者間ファクタリングは売掛先(取引先)にファクタリングすることを知らせる代わりに、手数料が安く、審査も甘いです。

それぞれの契約方式でおすすめな個人の特徴は以下のとおりです。

2者間ファクタリング
  • 売掛先(取引先)にファクタリングすることを知られたくない人
  • とにかく入金してほしい人
3者間ファクタリング
  • 手数料をおさえたい人
  • 売掛先(取引先)にファクタリングすることを知られても大丈夫な人
  • 支払期限まで猶予がある人
  • 2者間ファクタリングの審査を通過できなかった人

買取可能額はいくらか

個人事業主がファクタリングを選ぶときのポイントは、買取可能額はいくらかです。

売掛金の買取可能額はファクタリング業者、売掛金の額によって異なります

そのため契約前に買取可能額の上限・下限の確認が必要です。

例えば、買取可能額の上限が1,000万円のファクタリング業者の場合、売掛金を2,000万円持っていても1,000万円までしか現金化できません。

もちろん、買取可能額の下限に達していない場合もファクタリングできません。

個人事業主や中小企業の場合、小規模な売掛金であることが多く、買取可能額の下限に達していないことがあるため事前に確認が必要です。

ポイント

ファクタリング業者のなかには、個人事業主やフリーランス向けに小規模の売掛金に特化しているところもあります。

売掛金の下限に達していない場合は、個人事業主やフリーランスに特化したファクタリングサービスを利用しましょう。

簡単に手続きできるか

個人事業主がファクタリングを選ぶときのポイントは、簡単に手続きできるかです。

ファクタリングの手続き方法は、主に以下の3種類です。

  • オンライン
  • 対面
  • 郵送

簡単に手続きできるのはオンラインです。

対面の場合は会社までの交通費や移動時間、郵送の場合は切手代や印刷代などのコストがかかってしまいます。

一方で非対面のファクタリングなら、全国どこからでも簡単に手続き可能です。

契約書類も画像やpdfをアップロードするだけなので、送付の手間もありません。

コストや時間を削減するためにも、オンライン対応のファクタリング会社を使いましょう。

本章で紹介しているファクタリング会社はすべてオンラインに対応しています。

個人事業主がファクタリングを利用する際の注意点

個人事業主がファクタリングを利用する際の注意点は以下のとおりです。

  • 絶対に審査が通るファクタリングはない
  • 必ず手数料が発生する
  • 請求書のみで利用できるファクタリングは存在しない
  • 取引先にバレたくないなら2者間ファクタリングを利用する
  • 悪徳業者が紛れている

絶対に審査が通るファクタリングはない

個人事業主がファクタリングを利用する際の注意点は、絶対に審査が通るファクタリングはないことです。

ホームページや広告などで「絶対に審査が通るファクタリング」の文言を見かけたら要注意です。

手数料が高いだけの悪徳業者である可能性があります。

絶対に審査が通るファクタリングはありませんが、審査を通しやすくすることはできます。

審査を通しやすくするためのポイント
  • 信用情報を傷つけない
  • 信頼できる取引先の売掛金をファクタリングする
  • 余裕を持った支払期日を設定する
  • 税金を滞納しない
  • 審査が緩いファクタリング会社を使う

ファクタリングは信用や信頼をもとにサービス運営をしているため、利用者自身はもちろんのこと取引先の信用情報も確認します。

できる限り、社会的信用や信頼の高い取引先の売掛金でファクタリングを利用しましょう。

また、ファクタリングの審査に通らない人は、以下の審査が緩いファクタリング会社を使うことをおすすめします。

  • ビートレーディング
  • アクセルファクター
  • QuQuMo

上記のファクタリング会社は、審査通過率が90%を超えているため、審査に通過しやすいです。

必ず手数料が発生する

個人事業主がファクタリングを利用する際の注意点は、必ず手数料が発生することです。

ファクタリングには、以下のような手数料が発生します。

  • 審査手数料
  • 振込手数料
  • 債権譲渡登記費用
  • 印紙代
  • 交通費など

当然ですが、手数料が小さいほどファクタリング利用者の手残りが増えます。

ファクタリングにかかる手数料をおさえる方法を紹介します。

ファクタリング手数料をおさえる方法
  • 3者間ファクタリングを使う
  • 複数のファクタリング会社で見積もりを取る
  • オンライン完結型のファクタリング会社を使う

3者間ファクタリングと2者間ファクタリングでは、2者間ファクタリングの方がファクタリング会社のリスクが低いため、手数料が安く設定されています。

また、複数のファクタリング会社で見積もりを取ることも大切です。

会社によっては、手数料が10%以上違うこともあるため、できるだけ3社以上の見積もりを取りましょう。

交通費や印刷代をおさえるため、オンライン完結型のファクタリング会社を使いましょう。

オンライン完結型のファクタリングであれば、必要書類は画像でアップロードするだけなので、印刷や郵送は必要ありません。

また、交通費や印刷代だけでなく、訪問する時間や手間も省けます。

請求書のみで利用できるファクタリングは存在しない

個人事業主がファクタリングを利用する際の注意点は、請求書のみで利用できるファクタリングは存在しないことです。

ファクタリングを利用するときは、主に以下の書類が必要です。

  • 売掛金が確認できる書類(請求書等)
  • 入金が確認できる個人事業主の預金通帳
  • 直近の確定申告書(所得税又は法人税)
  • 身分証明書
  • 決算書や確定申告書など

ファクタリング会社によって、提出書類は異なりますが、いずれも請求書だけで利用できるファクタリングはありません

ですが、通帳なしで利用できるファクタリング会社はあります。

通帳なしで利用できるファクタリング会社

通帳なしで利用できるファクタリング会社は、ペイトナーです。

ペイトナーでファクタリングを利用する際に必要な書類は、以下のとおりです。

  • 請求金額・支払期日が確定していて今後、契約条件の変更の恐れがないかつ申請日当日から支払い期日まで70日以内の請求書
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)※
  • 直近3か月の銀行口座入出金明細※

※初回登録時のみ

ペイトナーでは、直近3か月の銀行口座入出金明細だけで登録でき、預金通帳の提出は不要です。

また、初回登録時のみ本人確認書類や入出金明細が必要ですが、2回目からは請求書のみで利用できます。

取引先にバレたくないなら2者間ファクタリングを利用する

個人事業主がファクタリングを利用する際の注意点は、取引先にバレたくないなら2者間ファクタリングを利用することです。

3者間ファクタリングでは、取引先にファクタリングを利用することを知られます。

取引先にファクタリングを使用することがバレると、資金繰りの悪化を疑われたり、マイナスイメージをもたれたりと関係が悪化する可能性があります。

取引先に理解が得られなかった場合、取引停止になる恐れもあるため、ファクタリングの利用には十分注意が必要です。

取引先にバレたくないなら2者間ファクタリングを利用しましょう。

2者間ファクタリングでは、ファクタリング利用者とファクタリング会社だけの契約のため、取引先に通知が行くことはありません。

悪徳業者が紛れている

個人事業主がファクタリングを利用する際の注意点は、悪徳業者が紛れていることです。

ファクタリング会社には、以下のような悪徳業者が紛れていることがあります。

  • ファクタリングを装って融資を行う違法業者(偽装ファクタリング)
  • 手数料が著しく高い
  • 見積内容と契約内容が違う
  • 契約後に入金されない
偽装ファクタリングとは

偽装ファクタリングとは、2者間ファクタリングを装って利用者を勧誘し、実質的には貸し付け(融資)を行うことです。

偽装ファクタリングは貸金業法違反にあたります。

偽装ファクタリングは法律違反なだけでなく、法外な金利でお金を貸し付けたり、ファクタリング利用者に倒産リスクを背負わせたりなどとても悪質な行為が多いです。

偽装ファクタリング以外にも、手数料が著しく高かったり、見積内容と契約内容が違ったりと様々な手口を使って利用者を騙します

悪徳業者に騙されないためには、以下の点に注意してください。

悪徳業者に騙されないためのポイント
  • 融資ではないことを確認する
  • 手数料の相場を知り、複数のファクタリング業者で見積もりを取る
  • 見積内容と契約内容が一致していることを確認する
  • 審査なし、請求書不要などの文言を使っているファクタリング業者を使わない
  • ファクタリング業者の会社名・住所・電話番号。代表者名などが記載されていることを確認する

資金繰りが苦しいのに悪徳業者に騙されてさらに苦しくなった事態に陥らないよう、ファクタリング業者の確認を徹底しましょう。

個人事業主におすすめのファクタリング【目的別】

目的別の個人事業主におすすめのファクタリングを紹介します。

  • 審査に通りやすいファクタリング
  • 提出書類が少なめのファクタリング
  • 即日で入金されるファクタリング

紹介するファクタリングのなかから、自分の目的に合った会社を見つけてください。

おすすめな人
  • 審査に通りやすいファクタリング:他の会社で審査落ちした人
  • 提出書類が少なめのファクタリング:書類をそろえるのが面倒な人
  • 即日で入金されるファクタリング:すぐに資金が必要な人

審査に通りやすいファクタリング

審査に通りやすいファクタリングは以下のとおりです。

スクロールできます
ファクタリング名QuQuMo日本中小企業金融サポート機構アクセルファクター
最短入金最短2時間最短3時間最短即日
手数料1%~1.5~10%~100万円:10%~
101~500万円:5%~
501~1,000万円:2%~

1,001万円~:相談次第
提出書類請求書

通帳
通帳のコピー(表紙付き、3か月分)

売掛金に関する資料(請求書・契約書など)
売掛金が確認できる書類(請求書等)

入金が確認できる預金通帳

直近の確定申告書(所得税又は法人税)

代表者様の身分証明書

【必要に応じて】
納税証明書(又は納付書や領収書)

印鑑証明書

取引先様との契約書
詳細をチェック公式サイト公式サイト公式サイト

審査に通りやすいファクタリングの特徴は、審査通過率が90%を超えていることです。

他のファクタリング会社で審査に落ちた人や税金を滞納している人などは、ぜひ紹介したファクタリング会社を試してみてください。

また、審査に通りにくい人は、以下のポイントをおさえましょう。

ファクタリングの審査を通しやすくするポイント
  • 支払いまでの期日が短い請求書をファクタリングする
  • リスクが低い3者間ファクタリングを使う

提出書類が少なめのファクタリング

提出書類が少なめのファクタリングは以下のとおりです。

スクロールできます
ファクタリング名ビートレーディングQuQuMoFREENANCE
最短入金最短2時間最短2時間最短即日
手数料2者間:4%~12%程度

3者間:2%~9%程度
1%~3%~10%
提出書類売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)

売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)
【書面による対面契約時のみ必要】
履歴事項全部証明書(1か月以内)

お客様の会社と会社の代表者様の印鑑証明書(1か月以内)

実印
請求書

通帳
公的身分証(運転免許証・マイナンバーカード)
請求書など取引内容がわかる書類
詳細をチェック公式サイト公式サイト公式サイト

提出書類が少なめのファクタリングの特徴は、提出書類が2種類のみであることです。

提出書類が少ないファクタリング会社では、基本的に、請求書と通帳のみがあればファクタリングを利用できます。

確定申告書や事業計画書などの書類を用意するのが面倒な人におすすめです。

即日で入金されるファクタリング

即日で入金されるファクタリングは以下のとおりです。

スクロールできます
ファクタリング名QuQuMoビートレーディングペイトナー
最短入金最短2時間最短2時間最短10分
手数料1%~2者間:4%~12%程度

3者間:2%~9%程度
10%
提出書類請求書

通帳
売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)

売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)
【書面による対面契約時のみ必要】
履歴事項全部証明書(1か月以内)

お客様の会社と会社の代表者様の印鑑証明書(1か月以内)

実印
請求金額・支払期日が確定していて今後、契約条件の変更の恐れがないかつ申請日当日から支払い期日まで70日以内の請求書

本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)

直近3か月の銀行口座入出金明細
詳細をチェック公式サイト公式サイト公式サイト

即日で入金されるファクタリングの特徴は、最短2時間以内に入金されることです。

紹介したファクタリング会社では、オンラインやAIを駆使して、審査時間を短縮しています。

特に、ペイトナーは審査から入金まで最短10分と業界最速水準の入金速度を誇っています。

緊急で資金が必要な人やとにかく早く入金してほしい人におすすめです。

ファクタリングの利用から資金を得るまでの流れ

ファクタリングの利用から資金を得るまでの流れを解説します。

STEP
提出書類を準備する

一般的には、以下の書類が必要です。

  • 身分証明書
  • 決算報告書、確定申告書
  • 印鑑証明書
  • 通帳
  • 契約書、発注書、請求書など取引内容がわかる書類

ファクタリング会社によって必要な書類が異なるため、詳しくはホームページを確認してください。

STEP
ファクタリングに申し込む

自分の目的に合ったファクタリング会社に申し込みましょう。

迷ったら、上記で紹介した個人事業主におすすめのファクタリング11選から選ぶことをおすすめします。

また、地方の人は訪問の手間を省くために、オンライン対応のファクタリング会社を選ぶことをおすすめします。

STEP
審査を受ける

ファクタリングに申し込んだら審査を受けましょう。

審査を受ける際にステップ1で用意した提出書類を提出します。

審査は一般的に、数時間から1日で完了します。

STEP
資金が振り込まれる

審査に通過したら、資金が振り込まれます。

振り込まれた資金が契約内容と一致していることを確認しましょう。

個人事業主がファクタリングを利用するメリット

個人事業主がファクタリングを利用するメリットは以下のとおりです。

  • 急に現金が必要なときでも対応できる
  • 保証人や担保がなくても資金を調達できる
  • 売掛債権があれば利用できる
  • 社会的信用度が低い個人でも資金調達できる

ファクタリングを使うメリットを理解することで、効率的な資金繰りを行えます

急に現金が必要なときでも対応できる

個人事業主がファクタリングを利用すると、急に現金が必要なときでも対応できます。

仕事中急にパソコンが壊れたり、支払いを忘れていて期日が今日までだったりと、急に現金が必要なときがあります。

急に現金が必要なときに役立つのがファクタリングです。

金融機関からの融資の場合、2週間~3週間程度かかりますが、ファクタリングであれば最短即日で現金を用意できます

急に現金が必要になった時こそファクタリングを利用しましょう。

保証人や担保がなくても資金を調達できる

ファクタリングであれば、個人事業主でも保証人や担保なしで、資金を調達できます。

金融機関の融資の場合、借金を肩代わりしてくれる保証人や担保が必要です。

ですが、ファクタリングは融資ではなく債券の売買なので、保証人や担保は必要ありません

個人事業主が保証人や担保を用意するのは、困難なため、大きなメリットだといえます。

売掛債権があれば利用できる

個人事業主でも売掛債権さえあれば、煩わしい書類の用意不要でファクタリングを利用できます。

金融機関の融資では、一般的に以下のような書類が必要といわれています。

  • 決算書
  • 試算表
  • 資金繰り表(共通)
  • 事業計画書
  • 銀行取引一覧表
  • 納税証明書

ですが、ファクタリングでは、上記の書類は不要で売掛債権さえあれば利用できます

金融機関より気軽に利用しやすい点もメリットといえます。 

社会的信用度が低い個人でも資金調達できる

ファクタリングであれば、社会的信用度が低いとされている個人でも資金調達が可能です。

個人事業主と法人では、社会的信用度の大きさが違います。

収入が安定しないと言われている個人事業主は社会的信用度が低く、金融機関の融資が通りにくいのが現状です。

しかしファクタリングで審査されるのは売掛債権自体の信用度のため、個人事業主の社会的信用度は関係ありません

個人事業主の取引先が発行している売掛債権の信用が高ければ問題ありません。

個人間のファクタリングは審査に落ちやすい

取引先の社会的信用度が低い場合、ファクタリングの審査に落ちたり、ファクタリング手数料が高くなったりする可能性も。

売掛先が個人なら社会的信用度が低いとみなされ、審査落ちしやすいです。

個人事業主のファクタリングに関してよくある質問

個人事業主のファクタリングに関して以下のよくある質問に回答します。

  • 給料ファクタリングはやらないほうがいい?
  • ファクタリングは違法じゃない?
  • ファクタリングを返済しなかったり払うのが遅れたりしたらどうなる?
  • ファクタリングに税金はかかる?

個人事業主でファクタリングを利用しようとしている人が疑問に感じやすいことばかりですので、ぜひ参考にしてください。

給料ファクタリングはやらないほうがいい?

給料ファクタリングはやらないほうがいいです。

給料ファクタリングとは

給料ファクタリングとは、給与を債権として買い取ってもらうことで、給与支給日前に現金化することです。

給与ファクタリングはリスクが多く、以下の点に注意する必要があります。

  • 給与ファクタリングは貸し付けにあたる
  • 貸金業法にもとづく貸金業登録を行っている業者であることを確認する
  • 上限金利を無視した闇金業者でないことを確認する

給与ファクタリングは通常のファクタリングと違い、貸し付けにあたるため貸金業法にもとづく貸金業登録が必要です。

給与ファクタリングの業者のなかには、上限金利(15~20%)を無視した闇金業者も混ざっており、金融庁が注意喚起しています。

給与ファクタリングを利用する場合は、貸金業登録を行っていて、上限金利以下の業者であることを必ず確認してください。

ファクタリングは違法じゃない?

ファクタリングは違法ではありません

ファクタリングは、事業者が保有している売掛債権等を期日前に一定の手数料を徴収して買い取るサービス(事業者の資金調達の一手段)。

法的には債権の売買(債権譲渡)契約であり合法です。

しかし、ファクタリングを装った法外金利の貸付けを行うヤミ金融業者や貸金業登録を行っていない業者との給与ファクタリングは違法です。

知らないうちに違法な取引をしないよう、必ず事前に確認しましょう。

ファクタリングを返済しなかったり払うのが遅れたりしたらどうなる?

ファクタリングを返済しなかったり払うのが遅れたりしたら、遅れた日数分の損害賠償を請求や信用の低下が発生します。

遅れた日数分の損害賠償は、個人事業主では払えないような高額な請求が来ることもあります。

また、信用の低下により、次回のファクタリングを断られる可能性も否定できません。

最悪の場合、ファクタリング会社が取引先(売掛先)に通知を行い、取引先との関係が悪化することも考えられます。

必ず支払い期日を確認し、返済を忘れないようにしましょう。

ファクタリングに税金はかかる?

ファクタリングは非課税取引のため、税金はかかりません

ファクタリングで発生する債権の取引は、有価証券の譲渡と同義であると国税庁が定めています。

同じく、ファクタリングにかかる手数料に対しても税金はかかりません

手数料は手形の割引料として国税庁の非課税項目に記載されているため、非課税です。

個人事業主もファクタリングは利用できる

これまでの紹介で、個人事業主でも11つの優良なファクタリング会社を利用できることがわかったと思います。

会社によって、最短入金時間や手数料が異なるため、自分の目的に合ったファクタリング会社を選んでください。

どれも個人事業主でも気軽に使えて、手数料が安いファクタリング会社です。

11社もあって選べない人に向けて、個人事業主のファクタリングの選び方をまとめます。

  • 手数料は高くても10%までにおさえる
  • 最短即日入金のファクタリングを使う
  • 取引先にばれたくない人は2者間ファクタリングを使う
  • 自分の買取希望額を取り扱っているか確認する

悪徳業者に高い手数料を払わなくて済むよう、必ず3社以上の見積もりを取って、相場を把握ましょう

ファクタリングは個人事業主にとって、数少ない資金調達手段です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ドミニオンの代表取締役として、2016年4月18日に会社を設立。WEBメディアの企画・立案・運営の経験から、WordPressやレンタルサーバー、さらには副業含むフリーランス育成に関することも行っています。

目次