【Web 2.0 Expo Tokyo】ウェブ上のデスクトップ環境「StartForce」の新機能をアピール | RBB TODAY

【Web 2.0 Expo Tokyo】ウェブ上のデスクトップ環境「StartForce」の新機能をアピール

エンタープライズ その他
ファイルアップローダーを起動するとこのようなウィンドウが立ち上がり、ドラッグ&ドロップでファイルアップロードが可能に。
  • ファイルアップローダーを起動するとこのようなウィンドウが立ち上がり、ドラッグ&ドロップでファイルアップロードが可能に。
  • 新しく表計算ツール「Zoho Sheet」などが加わった
 12日にウェブ上のデスクトップ環境「StartForce」を利用した企業向けサービス「StartForce C Style」を開始したフュージョン・ネットワークサービスは、「StartForce」の新機能をアピールしていた。

 StartForceは、内部で動作するアプリケーションと各種ファイル共有機能を組み合わせた「ウェブ上のデスクトップ」。今回はアプリケーションとして「Zoho」シリーズの文書作成アプリケーション「Zoho Writer」、表計算ツール「Zoho Sheet」、プレゼンテーションツール「Zoho Show」が加わっている。表計算ツールは従来の「EditGrid」もあるが、関連付けができるようになっている。また、これまではファイルをアップロードする際には、対象ファイルを一個ずつ指定しなければいけなかったが、ファイルアップローダーを機動することでドラック&ドロップでアップロードできるようになり、フォルダごとでのアップロードも可能にすることで操作性を向上した。さらに、スタッフによると「ファイルのエクスプローラ」の表示を軽くしているとのことだ。
《RBB TODAY》

関連ニュース

page top