「PS4 Pro」と「PS4」の違いは? 実際に4Kテレビで体験してみた | RBB TODAY

「PS4 Pro」と「PS4」の違いは? 実際に4Kテレビで体験してみた

IT・デジタル その他

【レポート】「PS4 Pro」とPS4はどう違う?PS VRや『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』を4Kテレビで体験してみた
  • 【レポート】「PS4 Pro」とPS4はどう違う?PS VRや『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』を4Kテレビで体験してみた
  • 【レポート】「PS4 Pro」とPS4はどう違う?PS VRや『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』を4Kテレビで体験してみた
  • 【レポート】「PS4 Pro」とPS4はどう違う?PS VRや『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』を4Kテレビで体験してみた
  • 【レポート】「PS4 Pro」とPS4はどう違う?PS VRや『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』を4Kテレビで体験してみた
  • 【レポート】「PS4 Pro」とPS4はどう違う?PS VRや『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』を4Kテレビで体験してみた
  • 【レポート】「PS4 Pro」とPS4はどう違う?PS VRや『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』を4Kテレビで体験してみた
  • 【レポート】「PS4 Pro」とPS4はどう違う?PS VRや『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』を4Kテレビで体験してみた
  • 【レポート】「PS4 Pro」とPS4はどう違う?PS VRや『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』を4Kテレビで体験してみた
PlayStation 4(PS4)のハイエンドモデルPlayStation 4 Pro(PS4 Pro)が、いよいよ本日11月10日に発売されました。PS4 Proでは、4K対応テレビに本体を接続することで、PS4 Proに最適化されたタイトルを4Kクオリティーの画質や安定した高速フレームレートで体験可能に。標準PS4と同じくハイダイナミックレンジ(HDR)映像技術にも対応しており、高画質・高フレームレートで描き出される映像を楽しむこともできます。

では実際に4K対応ゲームはどの様に見えるのか。11月7日にソニー・インタラクティブエンタテインメントにて、PS4 Proのメディア体験会が実施されましたので、本稿では4K版の『グランツーリスモSPORT』『inFAMOUS First Light』『Farpoint(仮)』『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』の体験レポートをお届けします。

なお、すべてのPS4 Proはソニーの4Kテレビ「BRAVIA KJ-55X9300D」に接続されおり、画面を切り替えながらプレイ。4Kレンダリング技術によってフルHDテレビでも大きな映像の変化をもたらすといわれるPS4 Proですが、今回は4K環境のみのレポートとなります。

■『グランツーリスモSPORT』


2017年に発売予定となっている『グランツーリスモSPORT』は4KとHDRをサポートする形で開発中。そのフォトリアルなグラフィック表現は他のレースゲームの追従を許さない美しさとなっていました。

HDRあり
HDRなし
HDRオンの状態だと、光の反射表現が細かくなるほか全体的な色味がより鮮やかに。HDRオン/オフ状態と比較すると、明らかに車体や背景が立体的になっています。また、遠景の山や空に浮かぶ気球もくっきりと描画。特にHDRなしだと視認しづらかった遠景がはっきりと確認できるのには驚かされました。

『グランツーリスモSPORT』はフォトリアル表現に大きく舵を切っているだけあり、現在コンソール機でリリースされているどのカーレースゲームよりも写実的なグラフィックであると感じました。

■『inFAMOUS First Light』


今回展示されていたPS4 Proに最適化されたゲームの中では、最も挑戦的な試みをしていたタイトル。今作は4KとHDRに対応するだけでなく、解像度優先かフレームレート優先か選択できる項目をオプションに追加しています。


グラフィック優先でHDRをオンにすると、フレームレートは30fpsの状態で、最上級のグラフィックを体験できます。元々美しいグラフィックのタイトルですが、PS4 Proでは驚くべき変化が。(モニターに会場の照明が映り込んだせいで見づらいかもしれません……。)またフレームレート優先にすると、詳細なフレームレートのデータはないものの、相当な滑らかさでゲームをプレイすることが可能になります。アクションゲームに高いフレームレートを求めるユーザーには最適な設定です。

HDRオンの色味
HDRオフの色味。Proと比較すると全体的な彩度が下がった印象を受ける
また、今作はHDRの恩恵を非常に受けるタイトルで、オンとオフでのグラフィックの差が大きいのも特徴です。HDRオンでは、より人の目に近い光の表現を体感でき、グラフィックも全体的に色鮮やかに。HDRオフの状態だと、全体的に平面的なグラフィックになるほか、色彩のトーンがかなり落ちる印象を受けます。

マシンパワーをグラフィックに振って見た目を優先するのか、フレームレートを向上させ快適なゲームプレイを優先するかを選べる今タイトルの自由な設定項目は、今後のPS4 Proに最適化されたタイトルの見本となりそうです。

■『Farpoint(仮)』


今年のE3で「PS VR エイムコントローラー」とともにお披露目された『Farpoint(仮)』もPS4 Proで体験。実際、E3で体験したものよりもグラフィックが詳細になっている印象を受けます。ちなみに「PS VR エイムコントローラー」の国内発売はまだ未定です。



■『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』


アップデートでPS4 Proに対応した『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』は4KとHDR出力が可能に。こちらも元々非常に美しいグラフィックでしたが、空や海の表現がさらに豊かになっています。

文字
アップデートでオプションにHDRの項目が追加。

■『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』


『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』は、PS4 Proで対応するのは4K出力のみで、HDRはサポートしないとのこと。4K出力されたグラフィックでは、遠景の細かいオブジェクトも視認できるようになっていました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
これまでのゲーム、そしてこれからのゲーム表現に変化をもたらしていくPlayStation 4 Pro。4Kテレビを持っていて今からPS4を買うユーザーにとっては、マストバイな存在となりそうです。そのほかにも、通常のフルHDテレビでのグラフィック向上や、『inFAMOUS First Light』のようにフレームレートを大きく向上できるタイトルがあるため、4Kテレビを持っていないユーザーにも大きな恩恵をもたらすのではないでしょうか。PlayStation 4 Proは11月10日発売で、価格は44,980円(税抜)です。

【レポート】「PS4 Pro」とPS4はどう違う?PS VRや『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』を4Kテレビで体験してみた

《Daisuke Sato@INSIDE》

編集部のおすすめ記事

特集

page top