Apple Pay、ついに日本上陸! どこで?なにで?どうやって使えるかまとめみた | RBB TODAY

Apple Pay、ついに日本上陸! どこで?なにで?どうやって使えるかまとめみた

IT・デジタル モバイル

Apple Pay、ついに日本上陸! どこで?なにで?どうやって使えるかまとめみた
  • Apple Pay、ついに日本上陸! どこで?なにで?どうやって使えるかまとめみた
  • TSUTAYAでのデモシーン
  • タクシーでのデモシーン
  • Apple Pay、ついに日本上陸! どこで?なにで?どうやって使えるかまとめみた
  • Apple Pay、ついに日本上陸! どこで?なにで?どうやって使えるかまとめみた
  • Apple Pay、ついに日本上陸! どこで?なにで?どうやって使えるかまとめみた
  • Apple Pay、ついに日本上陸! どこで?なにで?どうやって使えるかまとめみた
  • Apple Pay、ついに日本上陸! どこで?なにで?どうやって使えるかまとめみた
 Appleは25日、同日のiOS 10.1リリースに伴い、日本で電子決済サービス「Apple Pay」(アップルペイ)の提供を開始した。このApple Payは、いったいどのようにして設定し、どこで、どんなふうに利用できるのか。

【緊急アンケート】Apple Pay、どこが便利? なにが不満? 皆さんのご意見を聞かせてください!

■世界で12番目に提供。Apple Payとは、どんなサービス?

 Apple Payは2014年9月にAppleが発表した電子決済サービス。2年越しの上陸となったのは、日本ではタイプF(FeliCa)が一般的な規格として流通する一方で、同サービスが国際規格であるNFC タイプAおよびタイプBを利用していることが大きかったという。今回の日本での提供に合わせて来日し、24日にメディアの取材に応じたApple Pay担当バイスプレジデントのジェニファー・ベイリー氏も、「日本でサービス提供するにあたり、(タイプFに対応する)特殊な工夫が必要でした」と話している。

 しかしながら、ベイリー氏は今回の日本上陸について、「日本は世界で12番目にApple Payが提供される国。我々にとって、日本は非常に大事なマーケットです。Apple Payのクレジットカード対応により、日本の約80%をカバーできると考えています。日本の多くの人々の日常生活を変えられると思っています。とくに都市部の通勤においては、より快適になるでしょう。日本人の多くは現金主義ですが、その嗜好が変わると思います」と意気込みを語った。

■利用シーンは4つ。それぞれで対応端末が異なる

 Apple Payの利用シーンは、大きく分けて以下の4つとなる。
・交通機関
・店舗
・アプリケーション内
・ウェブ上

 基本的に、日本国内で販売されたiPhone 7、iPhone 7 Plusは、上記の全てのシーンで利用できる。また、Apple Watch Series 2(iPhone 5以降とペアリング)では、「ウェブ上」を除くシーンで利用可能。そのほかには、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE、iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 4、iPad mini 3は、「アプリケーション内」と「ウェブ上」で可能。iPhone 5以降とペアリングしたApple Watch Series 1とApple Watch(第1世代)は「アプリケーション内」、2012年以降に発売されたMacのモデルは「ウェブ上」で、それぞれApple Payの利用ができる。

■まずは設定方法をチェック

 Apple Payを利用するためには、前述の通り、利用シーンごとに対応端末が異なるが、ここでは、日本国内で販売されたiPhone 7シリーズで利用する方法について触れていきたい。

 まずは、25日未明にリリースされたiOS 10.1にアップデートを行う。そのうえで、「設定」>「WalletとApple Pay」と進み、そこで任意のカードが登録できるので、ここで手持ちのSuicaやクレジットカード、プリペイドカードの情報をiPhoneに追加する。カードは、Suicaやクレジットカードなど、種類は問わないが8枚が登録上限となる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top