電力自由化、本日スタート! ニュース、料金比較、トラブル対処はこのサイト | RBB TODAY

電力自由化、本日スタート! ニュース、料金比較、トラブル対処はこのサイト

IT・デジタル その他

「電力小売全面自由化|資源エネルギー庁」サイト
  • 「電力小売全面自由化|資源エネルギー庁」サイト
  • 「電力小売全面自由化に関するよくあるご質問 | 電力・ガス取引監視等委員会」サイト
  • 「電力小売全面自由化に関する情報|消費者庁」サイト
 本日4月1日、いよいよ「電力小売全面自由化」(電力自由化)がスタートした。いままで固定だった“電力の購入先”を、新しい事業者(新電力)から選択できるようになった。今年に入り、事前申し込みを行っていた企業も多く、すでに乗り換えたユーザーも多いだろう。

 たとえば、ガスやガソリン、あるいはブロードバンド通信、モバイル通信などの事業者が、新電力の小売事業者として参入しており、プランによっては、料金を抑えるとともに新サービスも利用可能になる。電力比較サイト「エネチェンジ」、価格.com「電気料金プランシミュレータ」などでは、簡単に料金シミュレーションや会社比較が可能だ。また「ソフトバンクでんき」のように、自社に切り替えた場合の料金比較サービスを提供しているサイトもある。「電気を選ぶ.jp」のような情報メディアも開設されている。

 一方で、契約・支払に関わるものだけに、慎重な吟味が必要だし、便乗商法・不審販売もすでに登場している。国民生活センターに対する相談は、2016年になってから急増しているという。

 東京都の消費生活総合センターでも、電力の契約を変更する際は慎重に行うことを呼びかけている。あわせて、契約などに悩んだ際、トラブルに巻き込まれた際の情報源として、以下のサイトを掲載している。

・電力小売全面自由化に関する情報|消費者庁
・電力小売全面自由化|資源エネルギー庁
・電力小売全面自由化に関するよくあるご質問 | 電力・ガス取引監視等委員会

 このほか、電力自由化制度や事業者登録についての問い合わせは経済産業省の専用ダイヤル(0570-028-555)、締結に当たってのトラブルについての問い合わせは同省の電力取引監視等委員会の相談窓口(03-3501-5725)に相談可能。また、怪しい電話があった、契約に際してトラブルになった、不安になった際には、最寄りの消費生活センター(電話番号188)にも相談可能。
《赤坂薫》

編集部のおすすめ記事

特集

page top