ICTで「おもてなし」、日本MSらが「さっぽろ雪まつり」で訪日客向けに実験

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

本事業全体の概要図
  • 本事業全体の概要図
  • 「札幌オープンデータ協議会」サイト
 北海道札幌市、日本マイクロソフト、YRPユビキタス・ネットワーキング研究所は19日、オープンデータ(観光・施設情報、スポーツ情報、公共交通情報など)を活用し、外国人観光客の受入環境を整備する事業について、実証実験を行うことを発表した。

 総務省の2015年度オープンデータ・ビッグデータ利活用推進事業の1つを、日本マイクロソフトとYRP UNLが受託して実施。札幌市が全面協力し、「FISジャンプワールドカップ2016札幌大会」(1月30日~31日開催)、「さっぽろ雪まつり」(2月5日~11日開催)の来場者に、オープンデータを活用して開発した、ジャンプ観戦アプリや雪まつり観光アプリを提供する。

 総務省の事業は、2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会や、冬季アジア札幌大会などを念頭に置いたものだ。最先端のICTの利活用による「おもてなし」を、訪日客向けに発信するのを狙いとしている。

 日本マイクロソフトとYRP UNLは同日付で、「札幌オープンデータ協議会」を設立し、各協力団体から提供されたデータを、オープンデータとして活用できる基盤を整備して、アプリ・コンテスト、アイデアソン・ハッカソンなども実施する。事業の実施期間は3月まで。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

page top