芸能人の“ベッキー擁護”の是非……「仲間だから」、「被害者は奥さん」

エンタメ その他

(左から)ゲスの極み乙女。ボーカルの川谷、ベッキー
  • (左から)ゲスの極み乙女。ボーカルの川谷、ベッキー
  • 坂上忍
 タレントのベッキーとゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音の不倫騒動をめぐり、ベッキーを擁護する芸能人が批判されていることについて、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之と、俳優の坂上忍が、それぞれの考えを語った。

 今回の報道で、ベッキーを擁護する芸能人は少なくない。お笑い芸人のさまぁ~ず三村マサカズや、ナインティナインの岡村隆史、医師でタレントの西川史子など。そのほか、「ミヤネ屋」の宮根誠司アナウンサーなどが一斉に擁護し、ネット上ではそのことに違和感を覚えるユーザーからの声が多数あがった。そんな中、同じ事務所に所属するお笑い芸人のカンニング竹山はTwitterで「真面目な奴なんで今回だけは許してあげてくんねぇ~かなぁ」と呼びかけた際には、批判が殺到し炎上する騒ぎとなった。

 15日生放送のフジテレビ系「バイキング」では、2人の不倫報道が話題となり、出演者の宮迫は、ベッキー擁護派の芸能人が叩かれている現状について触れ、「それは擁護するやろ。仲間内ですから。(ベッキーが)ええ子やっていうのは大前提で知ってるから、芸能界が擁護するのは当たり前でしょ」と擁護派としての立場から考えを述べた。

 しかし総合司会を務める俳優の坂上忍は宮迫の意見に反論。「不倫だったとしたら、(ベッキーを)身内(芸能人)が擁護するのはいかがなものか。身内だからこそ安易に擁護すべきじゃない」とコメント。そして尊重すべきは身内のベッキーではなく、川谷の妻であると主張し、「被害者は奥さんなんだから、その人の気持ちを考えて」と語った。
《花》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら