ナイナイ岡村、「ライザップ」の厳しい食事制限明かす 「もう平謝りですよ」

エンタメ その他

岡村隆史(写真は2011年日本アカデミー賞のもの)(C)Gettyimages
  • 岡村隆史(写真は2011年日本アカデミー賞のもの)(C)Gettyimages
  • 「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」公式サイト(キャプチャ画像)
 お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、何かと話題のプライベートジム「RIZAP(ライザップ)」に入会し、そこで体験した厳しい食事制限について語った。

 同ジムでダイエットを始めて1ヵ月という岡村。18日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」でその話題に触れた。食事が厳しく制限されることでも知られる同ジムだが、岡村いわく、食べたものを写真を撮って担当トレーナーに送り、指示を受けるという。

 体質改善のためにカロリーや糖質などの摂取を制限されるが、岡村は番組などでどうしても食事をしなければならないこともあり、オーバーした分はトレーニング量を増やすことでカバーするという。

 しばらくはトレーナーの指示にしたがって食事をしていたが、空腹で倒れそうになったときに売店で売っているチョコレート菓子が目に入った。トレーナーから「どうしようもなくなったときには仕方がない」と言われていたことを思い出し、5cm大の小さなものを一つ購入して食べたのだそう。そして普段と同じくトレーナーに写真を送ったところ、かつて経験したことがないほど長文のメール返信があり、「食べてはいけないものを食べました。今までやって来たことが水の泡です」とこっぴどく叱られたという。

 岡村は「あんなにすごい温厚な人が、文章でも怒ってるのがわかんねん。もう平謝りですよ。すみませんでした、申し訳ございませんって」と明かした。
《花》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら