日本MS、XPから8への移行ソフト「ファイナルパソコンデータ引越しeXPress」無償提供スタート

ブロードバンド その他

「ファイナルパソコンデータ引越しeXPress」ロゴ
  • 「ファイナルパソコンデータ引越しeXPress」ロゴ
  • 移行支援ツールダウンロードページ
 日本マイクロソフトは3月24日、Windows XP向けソフトウェア「ファイナルパソコンデータ引越しeXPress」の無償提供を開始した。Windows XPとMicrosoft Office 2003は、4月9日にサポートが終了する。

 「ファイナルパソコンデータ引越しeXPress」は、Windows XP搭載PCからWindows 8搭載PCへ、データと設定を移行するソフト。ソフトは公開期間・使用期限が決まっており、公開は6月30日まで、使用期限は7月31日までとなる。移行元のOSはWindows XP限定となり、移行先のOSはWindows 8またはWindows 8.1となる。

 移行できるのは、Internet Explorerのお気に入り、ホームページ設定、メール(メール、アドレス帳、メール アカウントなど)、ドキュメントなどのデータ(Officeファイル、動画、音楽、画像ファイル、デジカメ写真、iTunesデータを含むマイ ドキュメント)、はがき作成ソフトの住所録(筆まめ、筆王、筆ぐるめなど)、Windowsの環境(壁紙、デスクトップ、複数ユーザー利用の場合の対応)。アプリケーションは移行できない。

 利用には、両方のPCにソフトをインストールし、両方のPCをネットワーク経由、LANクロス ケーブル、または専用のUSBリンク ケーブルを使って接続することで引越しを実行できる。LAN環境やケーブルは、ユーザー自身が用意する必要がある。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら