東京ディズニーランドのお城でプロジェクションマッピング 2014年5月

エンタメ その他

写真はディズニーランド・パリのナイトタイムショー「Disney Dreams!」 (c) Disney
  • 写真はディズニーランド・パリのナイトタイムショー「Disney Dreams!」 (c) Disney
  • 東京ディズニーランドのシンデレラ城 (c) Disney
 東京ディズニーランドのシンデレラ城が、“命が吹き込まれた絵本”になる! プロジェクションマッピング技術を駆使した新しいナイトエンターテイメント、キャッスルプロジェクション「ワンス・アポン・ア・タイム」のスタート日が、2014年5月29日に決定した。

 プロジェクションマッピングは、建物等の形状にあわせて投影することにより、映像を立体的に表現する技術で、東京ディズニーリゾートのエンターテイメントプログラムでは、はじめての導入だ。総投資額は約20億円になる予定。

 物語は、「美女と野獣」のミセス・ポットが息子のチップに優しく語りかけるところから始まる。そして、「ふしぎの国のアリス」、「シンデレラ」などのディズニー映画のシーンが、立体的な映像、ディズニー音楽、花火などの効果で甦る。公演時間は約15分。
《高木啓》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら