Googleストリートビュー、世界遺産・小笠原諸島のビーチが登場

ブロードバンド ウェブ

大村海岸
  • 大村海岸
  • ジョンビーチ
  • ジョンビーチ
  • 南島
 グーグルは30日、小笠原諸島のビーチや観光名所のストリートビューを公開した。2010年より車道から撮影した風景を公開していたが、今回、4日間をかけてトレッカーにより撮影した場所が、新たに追加された。

 小笠原諸島は、東京都心部から1,000km離れた、太平洋上に浮かぶ島々。現在でも多くの動植物の固有種が生息しており、2011年にユネスコの世界遺産に登録されている。今回の撮影では、小笠原観光協会が協力。アオウミガメの産卵を見かけることもあるという大村海岸、夕日見物の名所としても有名な三日月山展望台、父島 南東部の人里離れたところにあるジョンビーチ、南島の風景などが撮影・公開された。

 とくに南島は、貴重な自然を守るため、入島人数や上陸時間の制限、立ち入りルートの限定、認定ガイドの同行など、さまざまな取り組みが行われている。

 グーグルでは、現在、日本の71ヵ所の世界遺産をストリートビューで公開している。


《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら