NTTドコモ、最大112.5Mbps対応のモバイルWi-Fiルーター「HW-02E」

IT・デジタル モバイル

最大で112.5Mbpsの高速通信が可能なモバイルWi-Fiルーター「HW-02E」
  • 最大で112.5Mbpsの高速通信が可能なモバイルWi-Fiルーター「HW-02E」
  • 液晶搭載で、バッテリー残量、電波状況などを表示
  • ブルー、ホワイト、チョコレートの3色が用意
 NTTドコモは13日、受信時最大112.5Mbps対応のモバイルWi-Fiルーター「HW-02E」を16日に発売すると発表した。13日より発売日前日まで全国のドコモショップにて事前予約を行う。

 「HW-02E」は、ファーウェイ製の「Xi」対応モバイルWi-Fiルーター。「Xi」受信時には、最大で112.5Mbpsの高速通信が可能としている。なお、112.5Mbpsが可能なのは北海道、東北、信越、北陸、中国、四国、沖縄の一部に限られる。

 5秒で起動し、自動でXi、FOMA、Wi-Fiのネットワークを切り替える機能を搭載。同時接続台数は10台、USBテザリングでPCなどとUSB接続でのデータ通信にも対応している。ディスプレイ搭載で、バッテリー残量、電波状況、Wi-Fi機器接続数等のステータス、利用したデータ通信量、接続に必要なSSID・セキュリティキーも確認できる。

 本体サイズは幅90mm×高さ56mm×奥行13.9mm、重量は103gと軽量コンパクト。連続待受時間はLTEエリアで約260時間、3Gエリアで約440時間、連続通信時間はLTEエリア/3Gエリアともに約5時間。ブルー、ホワイト、チョコレートの3色が用意されている。
《関口賢》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら