スマホ・タブで高速通信、デュアルバンドに対応するバッファローの無線LANルータ | RBB TODAY

スマホ・タブで高速通信、デュアルバンドに対応するバッファローの無線LANルータ

IT・デジタル 周辺機器

「WZR-900DHP」
  • 「WZR-900DHP」
  • 本体
  • インターフェース
  • デュアルバンドのイメージ
 バッファローは、11n/aと11n/gに対応する無線LANルータ「WZR-900DHP」を発表した。販売開始は3月中旬。希望小売価格は16,485円。

 同製品は、802.11a/b/g/n準拠の無線LANルータ。11n/a(5GHz帯)と11n/g(2.4GHz帯)のそれぞれで規格値450Mbpsの高速通信を可能とし、スマートフォンやタブレット、パソコン、プリンタ、携帯ゲーム機、テレビなど、無線LAN対応機器の複数台を同時に接続した際も快適に利用できるとうたう。

 本体内に3本のアンテナを内蔵するほか、1Gbpsクラスの高速光回線を活かせる高速ルーティング機能を搭載。電波が届きにくい場所にも対応する「中継機能(WDS)」にも後日、アップデートにて対応する予定。

 パソコンがなくても、iPhoneやiPad、iPod touch、Androidスマートフォン/タブレットなどから簡単に設定が行えるシステム「AOSS2」を搭載。USB3.0接続のハードディスクやUSBメモリーを接続し簡易NASとして利用できるポートも装備する。

 本体サイズは幅28×高さ185×奥行き196mm(アンテナ/スタンド除く)、重さは約520g(スタンド除く)。付属品はスタンド/LANケーブル(ストレート、2m)/USBケーブル(0.5m)/ACアダプタなど。
《加藤》

編集部のおすすめ記事

特集

page top